3990

立ち回りとスキルの関係

by
板尾の嫁
板尾の嫁
■§■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■§■

土曜日は愛知のナイルまで遊びに行きます^^


今回はゲームの考え方の明文化。
立ち回りとスキルの関係のお話。

内容としては初級者の方に向けたものです。
何よりまず意識することをオススメしたいもので、
早いうちにできるようになれば、
ランクが上がっても躓き難くなるだろうという
一つの“基礎”だと思います。

※基礎ですから、多少の表現は違えど、
 以前他の方が書かれている内容とも
 重複するかもしれませんが、ご了承下さい。




■そもそも 立ち回り って何?■
“立ち回り”という言葉自体よく使われますが、
まず一応ここでの意味を
《相手のデッキの強い動きを加味した上で、
 自分のデッキの強い動きを想定したもの》

としておきます。

「デッキの強い動き」って?
⇒号令デッキ ならば、
 「全部隊が敵陣(高いライン)まで移動してから
  全体強化号令を使って攻城を狙う」

 舞いデッキ だと
 「相手の攻め手が緩んだタイミングで舞い始め、
  舞い効果を活かしながら攻城or内乱を狙う」

 というデッキコンセプトを最大限活かしたもの。

「想定」って、どの程度するの?
可能な限り。
 最初(99c)から最後(0c)まで。

一戦の流れの中で、
お互いのデッキの強い動き(一貫性) と、
相手に対して受けに回る際の強さ(柔軟性)
を比べてタイミングごとの最善手の連続したもの
と言えると思います。



■立ち回り第一・スキルが第二■
以前にも少し触れたことがあるのですが、
スキルやテクニック、それにミスも含めてそれらは
「立ち回りにとって
成功・失敗を左右する要素に過ぎない」

という関係にあると思っています。

スキルと言えば、騎兵のビタ止まりであったり、
槍兵の浅挿し迎撃、守城ローテーション...etc
テクニックなら複数兵種のコンビネーションや
突撃・槍撃の精度なんかがそれにあたります。
(※敢えて2つの言葉を使い分けるなら…程度)

しかし、この精度が高ければ勝てるのではなく、

「開幕からここまでの立ち回りを振り返って、
 浅挿し迎撃が成功したおかげで
 城ゲージを多く取れたから結構プラス。
 でも操作ミスで弓兵が逃げ遅れて撤退したから、
 次の攻めるタイミングが遅れた分マイナスかな?」


という風に、
まず 立ち回り というロードマップがあり、
スキル(やミス)で成功もしくは失敗に影響して
加点・減点が発生する関係にあると考えています。

逆に言えば、動いていない部隊があったり、
騎兵が際どい迎撃で撤退してしまったとしても、
結果的な立ち回りに影響がなければ問題ない。

と、いうわけです。



■具体的 立ち回り の考え方■
実際の立ち回りの例として、
私の使う 4枚《八卦の軍略》デッキ と


4枚《桃園の誓い》デッキ の対戦を記載します。


-------------------------------------------------
開幕
 有利が取れる場面。
 伏兵の SR諸葛亮 徐庶 以外なら
 どれに対しても大きく兵力を減らせるので、
 前衛3枚の武力差と合わせて攻め上がれば
 ミスがない限りここでリードが獲れる。
 最低内乱1発。20%獲れれば安全圏。
 欲をかいて殴り過ぎるとカウンターで落城負けが
 十分ありえるため引き際の見極めが要注意。

中盤以降
 常に SR馬超 1部隊 or 前衛2部隊 が
 敵陣にいる状態を保つ。
 出城してきた EX劉備 に乱戦を仕掛け、
 帰城する様子がなければ
 SR馬超 1部隊なら《八卦》1掛け、
 2部隊なら《八卦》2掛けをする(先掛けで問題なし)
 そこで《桃園の誓い》で対応してきたら
 乱戦に付き合わずこちらが帰城。
 (夏侯覇 が乱戦している場合は囮で構わない。)
 これで攻城を獲られずに効果が終了するので
 この流れを最大3回繰り返す。

全体の注意点
 リードを奪っての先行逃げ切りが大前提。
 逆にリードを許してしまった場合、
 徐庶 の《落雷》で前衛を落とし続けられ
 逃げ切られる展開になりやすい。
-------------------------------------------------

4枚《八卦》デッキの強い動きである
「前衛3枚の乱戦力」
SR諸葛亮 の持つ3種類の計略の使い分け」
と、4枚《桃園の誓い》の
「圧倒的な超絶号令の威力」
「裏で仕込める計略の対応力」
から考えた立ち回りとなっております。

で、これをふまえての実践の動画がこちらです。


↑の立ち回りを大体実践できていると思いますので、
確認して頂ければと思います^^

なお、立ち回りに対しての要所毎の評価例は、
01:01
 伏兵を瀕死の 徐庶 に処理され、
 かつ直後に櫓のノックバックによる乱戦解除で
 SR馬超 が迎撃を受け撤退。
 城ゲージを奪えず開幕の立ち回りは失敗。」

04:23
 相手が守城時、これ以上のリードを抑えるために
 《落雷》を使用。そこから攻守は切り替わらず、
 こちらは R張苞 を撃破できたためここは成功。」

…のようになるかと思います。



■敢えてスキルの重要さも■
ここまでの話では
「スキルなんざなくても立ち回りがあれば常勝!」
くらいに感じられてしまう可能性がありますが、
勿論スキルを軽視しているわけではありません。

どう立ち回りを考えても不利がつく相手に対し
バリバリのテクニックで覆すような方や、
勝ち星を重ねている方も実際に見ております。
冒頭のようにあくまで私の1つの考え方です。

なによりスキルやテクニックがあることで、
「この場面ならこの立ち回りの方が良いな」
という風に、立ち回りの幅を広げることができます。

よって、闇雲に知識としてスキルを覚えるよりは、
「このデッキにこういう立ち回りをするために、
 あのスキルをできるようにしよう」

としてもらうことをお勧めします。



■なんとなく から 明確な勝利へ■
リアルタイムで進行するゲームなので、
無我夢中でプレイして終わったら何故か勝ってた
…といったことも多いことかと思います。

しかし、勝敗の理由がわからないまま続けたら、
同じ相手・類似デッキとマッチした場合、
同様に勝てるかもわかりませんし、
プレイ中に考えがまとまらずに迷いが出ることで、
敗北に直結してしまうことも出てきてしまいます。

ですが、予め立ち回りを考えておくことで、
プレイ中は操作に集中することもできますし、
その時の勝敗を考えるときも、
「立ち回りと違い、中盤ライン維持できず負けた」
「立ち回りどおり、開幕を凌ぎ切れたから勝てた」

みたいに原因を考え易いのも利点です。

一つ一つ理由付けしていくことで、
効率良くプレイを改善していける立ち回り重視論。
ゲームに慣れて操作に余裕が出てきた頃合に、
一度立ち回りについて考えてみるのは如何でしょう?

■§■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■§■
更新日時:2018/03/13 16:13
(作成日時:2018/03/09 02:09)
コメント( 8 )
8件のコメントを全て表示する
satotin
satotin
3月12日 2時39分

とても参考になりました。
諸葛亮の馬超1部隊がけされたらこちら防ぐものがない。

好きな武将を(姜維)を入れて勝つ事を考えて日々研究しています。
桃園劉備のおかげでやっと4品にまで来れました。
桃園劉備・姜維・馬姫・関平(荒武者)でやっているのですが、
明確な立ち回りはなんだ?となった時に悩んでしまいます。
特に開戦時はめちゃくちゃ緊張します。
外側にいるコストの高い騎兵は無視すべきか?
弓でがっつり守られた場合おびき寄せた方がいいのか?
4人生存させて桃園で守ってからカウンターか?
士気12までためて1回目の桃園で相手の数を減らして置き
6.5Cたったら法具を絡めて2発目の桃園を打つ、
この時ダメージ計略が相手にいれば受け継ぎ軍略・・等々

奥が深いですね、三国志大戦

板尾の嫁
板尾の嫁
3月15日 0時41分

【satotin さん】
2.5コスト×2の攻城力が凄まじいので、
敵城に向かうついでに処理できる以外の
敵部隊の端攻めは無視して全力で攻城を狙うのが
強い動きになると思います。

ただし現状、ミラー対決や SR呂布 を考慮して、
《桃園》デッキには R徐庶(or R諸葛果)の投入が必須
…くらいの傾向が見受けられますから、
それ抜きのデッキというのはそこからが難しそうですね。
 
EX劉備 をメインとして見た場合でも、
サポートで EX姜維 と SR馬姫 の両方は過剰に思えるので、
EX劉備 か SR馬姫 のどちらかを差し替えるか、
EX関平 ⇒ SR張皇后 にする方が安定しそうです。

satotin
satotin
3月17日 3時32分

【板尾の嫁 さん】
アドバイスいただきありがとうございます。

>ただし現状、ミラー対決や SR呂布 を考慮して、
>《桃園》デッキには R徐庶(or R諸葛果)の投入が必須

 やはり徐庶必須ですよねえ、みんなが使ってるので敢えて避けようとしました。
 EX劉備、EX姜維、徐庶、趙氏 or 孫尚香、をとてつもない数見ました。

>EX劉備 をメインとして見た場合でも、
>サポートで EX姜維 と SR馬姫 の両方は過剰に思えるので、
>EX劉備 か SR馬姫 のどちらかを差し替えるか、
>EX関平 ⇒ SR張皇后 にする方が安定しそうです。

なるほど、EX姜維は好きなキャラなので外せず
号令の武力負けが怖くてEX劉備も外せず。
(やっと+3号令の武力負けから逃れられました)

下記パターンでしっくりくるやつやってみます。
・パターン1
 EX劉備・EX姜維・馬姫・張皇后
・パターン2
 EX劉備・EX姜維・趙雲 or 黄忠 or 関興・EX関平
・パターン3
 EX劉備・EX姜維・徐庶・孫尚香 or 趙氏 or 王悦

コメントするにはログインが必要です
シェア