676

次回下方予想(2月版)

by
風神弓
風神弓
久しぶりの投稿です、風神弓です。
最近、動画投稿を始めました('ω')
相変わらずの文字オンリーですが、ご勘弁を。
まあそんなことはおいといて、早速参りましょう

まず、今回の環境で特に印象に残ったデッキは
魏:五将軍の大号令
蜀:決死練兵
呉:才気煥発
漢:栄光の大号令、終焉への覇道・勇往邁進(漢鳴二種はほぼ同系統)
晋:特に目立ったデッキなし
群:鄭蹋頓ワラ
といった感じでしょうか。コロナウイルスの影響でそこまで確認出来てませんが。
今バージョンは主に栄光の大号令が中盤あたりから急激に増えた感じでしょうか。シンプルに武力やフルコン力で相当な力押しの環境だった感じがします。最序盤は決死練兵が話題になりましたが、弱点はやはりあったゆえ、大きくは流行りませんでした。

上記を踏まえたうえで
漢:顔良(天)、文醜(称誉の急襲)
はまあ下方をほぼ逃れられないでしょう(少なくとも顔良は)。言わずもなが今verの主犯です。
まず顔良ですが、栄光デッキの9割以上に入っていたと思われます。旧顔良に比べて征圧2になったことでデッキの幅が広がった上、計略がフィニッシュ力高い文字通りのパワカでした。デメリットもあんまり影響がないと思われます。今回の下方候補筆頭です。効果時間と武力上昇値か速度上昇値が下げられると思われます。

文醜は栄光が基本士気11か12の状態で打つ都合上、入っていれば文字通りフルコンでしかも撃破で士気バックで下手をすればぶつかり合いで士気負けしてしまう、なんてこともありえたと思われます。自身の武力もあいまって、自身だけでも士気バックできるのは容易ではあると思います。効果時間か武力、移動速度か士気バック量が減らされると思われます。

この後の淳于瓊と上記二つのいずれかは必ず栄光デッキに入ってたと思われます。

次点の候補は
魏:曹操(五将軍)
呉:黄蓋(偽降)
漢:袁紹(栄光)、淳于瓊(死線)、伏寿、雲英
群:鄭、李粛
です。

まず五将軍は序盤の感想に反して相当環境の上に長くいる状態です。2.5徐晃が城を持ってるが故、相当な攻城力を持っていたことがわかります。最近では、神騎張遼を用いた4枚騎馬単が大成しており、さほど多くはないが、少数精鋭といった状態です。長らく環境に存在しているため、もう一発下方が来る可能性があります。候補としては効果時間か、武力か、征圧、もしくは複数かなと思われます

黄蓋は才気煥発デッキの主犯です。前半中に陸遜の計略で大量リードを取ったのち黄蓋で端投げor動きを崩すムーヴがかなり強力。デメリットがあんまりデメリットしてない上、何より速いし長いのが凶悪たる所以です。かつての決起皇甫嵩に近いものを感じます。しかも接触前にマップの半分以上進んでいれば1体をほぼ確殺できるので、ケニア系は涙目です。また才気煥発を防げないデッキにとっては相当きついでしょう。先述した通り、速いし長いので速度と効果時間が削られると思われます。

袁紹はもちろん、栄光デッキの核です。フル+9はやはり強いです。下方箇所は効果時間か武力かと思われますがしかし、今回の主犯は主に周辺パーツなので下方はいるかはわかりません。

淳于瓊は言わずもなが、栄光デッキのパーツです。特に蒼の効果が強力で相当な攻城力を持ちます。(麒麟児に謝れ)そのため、攻城力か効果時間が下げられると思われます。

伏寿、雲英は終焉への覇道・勇往邁進のメインパーツ、特に6枚型で必ずのレベルで見られたと思われます。伏寿は一度下方されましたが、やはり序中盤の守備力は健在です。雲英はやはりステルスとあわせて武力がかなり上がるコンボとしてかなり強力です。下方するとしたら共に効果時間か武力上昇値でしょうか。

鄭は前バージョンでの上方によって鄭トウ頓ワラが台頭した形となります。剛槍の強化で敵を倒しやすくなった上、野襲なので敵城にダメージを与えられるのが強力です。下方するとしたら上方前に戻る、のが一番ですかね

また李粛はわずか士気3で+7できるのがかなりやばいです。自城にダメージは受けますが、大ダメージ防げるなら相当安いですね。(士気4で+7でデメリットありの厳氏に謝れ)下方するならやは武力上昇値が一番でしょう。

以下はワンチャン枠になります
・陸遜(才気煥発)
・劉禅(練兵)
・王貴人
・張遼(神騎)
・何皇后(毒符)
・蒯越
・曹華(けんてい)
・候氏(連星)

以上になります。
それでは、失礼します。('ω')
更新日時:2021/02/03 09:38
(作成日時:2021/02/02 18:50)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア