347

2019年9月15日(日) 英傑転生 エリア決勝・東海B 観戦レポート(前編)

by
邪道伊勢守
邪道伊勢守
『エリア決勝会場で一番エンジョイしていた男』 邪道伊勢守です。
公式全国大会
『覇業への道 英傑転生』東海Bエリアエリア決勝を観戦しました。

 
前日の東海Aのエリア決勝は
“独身30代中盤男性の大人の事情”にて観戦できず。
大人の事情から解放された日曜日の東海Bのエリア決勝は武装・装備・兵糧を十分に揃えて会場入りした。
 
まずは物販で缶バッジを購入。
沢山は要らなかったので、3個だけ購入。
しかし、
賈午がダブる。
そんな中であ~しぇ君主千紘君主は、シークレットと思われる「○董允」をゲット。

 
その後、くねぺ君主めさ☆君主三君会(美し国三重っ子君主の会)メンバーを始めとした知人に挨拶をしつつ、兵糧を摂取し、大会開始を待つ。
 
前回の勝ち抜け予想でめさ☆君主に投票して的中させた私は、
今回はあ~しぇ君主に投票。
2大会連続の的中で「東海一の博打王」に成れるか?

 
トーナメントが始まった。
私は三君会メンバーの応援用に
プラカードを作成。
君主によってカードを変えながら応援した。

 
一回戦2組目で
あ~しぇ君主が登場。
「書家英知魏武」というテクニカルな弓4槍1デッキ。
相手が騎4単ということで、放送席から
「映しても大丈夫か?」と心配されるも「楽しみです」と返答。
1部隊も撤退させられないデッキで、夏侯惇に3部隊落とされるも、終盤の英知で反撃。あと0.5カウント残っていれば逆転の攻城が入るという場面まで持って行き、善戦した。
しかし、私の勝ち抜け予想は
「ハズレ」。2大会連続の的中とはならなかった。
 
一回戦を勝ち抜いた北国赤海老@君主セージ@君主は二回戦に進出。
店舗予選を9戦も渡り歩いた北国赤海老@君主の相手は
「SR郭淮入り鼓舞流星デッキ・柵4+城門防柵」
地の利持ちが居ない「騎5単虎豹騎の勇姿」では柵の破壊も困難を極める中で、「魂の刹那神速」を勝負所で発動させ、丁氏を撃破。
ラスト2cの攻防でも「刹那の神速号令」を発動させて攻城をねじ込み
逆転勝利
三回戦進出を決めた。
 
飛天使いのセージ@君主ゆず☆+君主「蒯良入り劉曼皇甫嵩」と当たる。

「漢鳴の誘導」でSR黄忠や先導者魏延が何度も引っ張られる。
それでも刺さった後の
「老当益壮」低コストの動きで迎撃を失敗させたりして対応。
馬承の「決死の剛騎」荀彧の「刹那の秘計」で相手部隊を殲滅し、あと一歩の所まで迫るも攻城が間に合わず。惜しくも二回戦敗退となった。
 
二回戦が終了した時点で休憩に入る。
続きのレポートは後編にて。

 
更新日時:2019/09/18 00:16
(作成日時:2019/09/17 23:43)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア