380

2019年9月15日(日) 英傑転生 エリア決勝・東海B 観戦レポート(後編)

by
邪道伊勢守
邪道伊勢守
『エリア決勝会場で一番エンジョイしていた男』 邪道伊勢守です。
公式全国大会
『覇業への道 英傑転生』東海Bエリアエリア決勝を観戦しました。
 
前編(二回戦まで)はこちら
 
二回戦が終了し、休憩に突入。
このタイミングでトイレと飲料の追加を確保。
また、車に残していた
「海老の被り物」(会社忘年会の余興の小道具)を持ち出し、装着。
観客席に異様な存在感を残しながら、勝ち残った北国赤海老@君主を応援しようと思う。

 
休憩が終わり、三回戦が始まった。
2戦目の☆おまかせ☆君主馬戦君主の一戦で
大惨事が発生。
終盤の攻勢に向けてラインを上げていた☆おまかせ☆君主が、
「万人之雄」を使う場面でまさかの「愉悦の水禍」
味方部隊士気を流してしまい、☆おまかせ☆君主は敗退した。
 

北国赤海老@君主の三回戦はゆず☆+君主
ゆず☆+君主が漢鳴を貯める過程を李典の
「駆除の反計」で狙いたい展開ではあったが、プレッシャーを掻い潜られた上に、「漢鳴の誘導」で壊滅してしまい、落城を免れることで精一杯だった。
 

エリア代表の座に輝いたのはLAFI君主ゆず☆+君主の2名。

LAFI君主礎周瑜を軸にしつつも、
初戦(二回戦)では
「遠弓麻痺矢戦法」「ふんばれ!」で相手計略を引き出す。
三回戦では
「美姫の憧憬」からの「孫呉の礎」で劉曼コンボを封殺。
代表決定戦では開幕礎からの
「漢の意地・城門特攻」を決めて優位に立つ。
パーツ武将の活躍も光っていた。
 

ゆず☆+君主蒯良入りの劉曼皇甫嵩デッキ
二回戦(初戦・飛天)と三回戦(勇姿騎馬単)では
「漢鳴の誘導」が光り、
代表決定戦でも
「漢鳴の誘導」姜維を撃破守城部隊剥がしで高コストの攻城を決め、敵武将の戻り際に「漢鳴の弱計」を掛けて一気に落城勝利をもぎ取った。
 
尚、勝ち抜け予想の商品は
LAFI君主 7枚(的中者4名以下)
ゆず☆+君主 3枚(的中者10名以上)
であり、
『匠』めさ☆君主が、LAFI君主に賭けて的中させた。

※村人D君主のデッキは、対戦が配信されなかった為、確認できた鮮血祝融以外は不明。(蜀5枚デッキ)
 
 
大会終了後に、
「ゲスト交流組手会」が行われた。
挙手制で
“団扇を上げる”という少し目立つことをしたが、初戦の対戦相手に指名され、花田 勝 氏へ挑戦することとなった。
自己紹介では
自作の野球ユニフォームを着ていたが、筐体へ向かうときに脱衣
肌着で着用していた
自作Tシャツ(裏面に「勝ちたい」の文字)で会場のウケは取れた。
ただし、花田 勝 氏へのリベンジマッチは返り討ち。

武力50の夏侯楙に区星が一騎討ちを仕掛けて大敗北
悔しいけど美味しい?一戦だった。

 
その後も交流組手は続き、
クロイワザリガニさんの出番で希望者が殺到。
ジャンケンマンの出動となったが、一撃で1人を残して全滅。
「全治6か月の怪我のリハビリ中」とは思えない強さだった。
 
また、三君会メンバーの
NO包平(のーかねひら)君主も花田 勝 氏へ挑戦することとなった。
夏場のケガさえなければエリア決勝に出場できる実力の持ち主であったが、

クロイワさんが、
「のーほーへー君主」と呼んでしまう痛恨のミス。私を始めとした三君会メンバーはあわてて否定した。
 
 
今回は日曜日しか観戦出来なかったが、白熱したトーナメントや、盛り上がった交流組手、東海エリアの君主らとの交流で楽しむことが出来た。
今後も、『覇業への道 英傑転生』の予選会は続くので、
10月の滋賀県内の店舗予選には参加してみようと思う。
 
 
更新日時:2019/09/18 00:18
(作成日時:2019/09/18 00:14)
コメント( 2 )
楊狐
楊狐
2019年9月18日 10時6分

お疲れさまでした。
動画見ましたが、すごい一戦ですなw

邪道伊勢守
邪道伊勢守
2019年9月18日 23時17分

>楊狐さん
コメントありがとうございます。
最初は伏兵3枚が邪魔だとしか思わなかったですが、好色男の恐ろしさが身に沁みました。

コメントするにはログインが必要です
シェア