510

1万回じばくしたえんじゅつ

by
ミロ
ミロ
1万回も じばくした えんじゅつが いました。
1万回も じばくして 1万回もふっかつしたのです。
りっぱな ぎょくじでした。
1万回も あかボタンをおして えんじゅつをじばくさせ そのえんじゅつが てったいしたとき えんじゅつは ウッキーと なきました。
ミロは 1回も なきませんでした。
 
あるとき えんじゅつは りょきと デッキを くみました。
えんじゅつは じばくしました。
ミロは えんじゅつを うめました。
 
えんじゅつは てったいするのなんか へいきだったのです。
 
そのうち ミロは りっぱな はおうに なりました。
たくさんの ひとが ミロを ほめてくれました。
「おれは 1万回も じばくしたんだぜ いまさらおっかしくて!」
ミロは だれよりも 自分が すきだったのです。
 
とうえんぜいは そのうち 見むきも しなくなりました。
ミロは とうこうで
「おれは 1万回も じばくしたんだぜ!」
と かきました。
 
とうえんぜいは
「そう。」
と いったきりでした。
 
ミロは ぶちぎれました。なにしろ自分が だいすきでしたからね。
 
ミロはコメントらんで
「きみらは まだ 1回も じばくしていないんだろ。」
と あおりました。
とうえんぜいは
「そう。」
と いったきりでした。
 
「おれは 1万回も・・・」
と かきこみかけて ミロは
「とうえんに いても いいかい。」
と たずねました。
 
とうえんぜいは 
「ええ まぁ はい」
と いいました。
 
ミロは もう1万回も・・・ とは けっしていいませんでした。
 
ある日 えいけつたいせんに えんじゅつが でました。
ミロは なきました。
朝になって 夜になって ある日の お昼に ミロはなきやみました。
ミロは しずかに えいけつたいせんで りょきワラを はじめました。
ミロは もう けっして じばく しませんでした。

(この投稿はフィクションです。一部本当の事を含んでおりますが、実際のキャラ、今後の三国志大戦の方針には全く関係ありません)
作成日時:2024/04/22 12:31
カテゴリ
ネタ
コメント( 14 )
14件のコメントを全て表示する
ミロ
ミロ
4月23日 12時25分

>GK もりさきさんへ
全国の図書館にありますよ!

GK もりさき
けだま
文豪
文豪
けだま
4月24日 1時5分

次は100万回のフラグですね!

ミロ
ミロ
ミロ
4月24日 1時12分

>けだまさんへ
それは無理(フラグクラッシャー)

けだま
コメントするにはログインが必要です
シェア