563

新バージョンです🐘

by
楊狐
楊狐
金曜日のお話です。

雨の黄昏時を友人と共に出陣。

大戦コーナーでさっそく自分が注目している新武将をいくつかピックアップして印刷予約。


昇格戦も頑張る🐘



いざ、開戦!!









関羽「大尉昇格? そんなものはある!!」





ということで関羽に見守られつつ昇格してきました。

この日は遊ingで知り合った常連さんふたりと再会。挨拶できて良かったです。
これまでも週末大戦でかつての常連さんには何人か会ってはいたのですが、このお二人に会うのは久しぶりでした。


昇格条件が緩和(6-4→5-5)されたのも追い風です🐘
この昇格をうさまるさんに捧げたいと思います。

とはいえ、どういう結果でもうさまるさんの誕生日は祝福の言葉を贈りたいと思います。








メインの張嶷デッキ

最近のぽへさんの投稿を読んで、新武将の力を借りるよりもさわり慣れたメインデッキを使うほうが良いと判断。
集中して戦えました。何気に文欽が相棒になりました。






50人相棒にしたらしく称号もいただきました。







大尉に昇格してから取り急ぎカード性能を試そうとしたデッキ

とりあえずピックアップした新武将の計略を試そうと投入。昇格したテンションもあってデッキ構築もちょっと冷静ではありませんでした(笑)



朶思大王(毒泉の罠)

知力を選択。人が使うと強いが自分が使うと弱い法則が発動。
自分としては遊軍で毒の沼が出現とかが欲しかったですな。
100%ダメージの罠計略ですが思っていた以上に兵力の減りが遅く、テクニカルな計略だと感じました。


昌覇(山賊の号令)

開幕、法具を交えた城殴り戦法をやるため攻城術を選択。
サブ号令になりますが最後の時間稼ぎにも使えそうです。


董荼那(高速衝車)

効果は武力+2で、速度は弓兵より少し早いぐらいになるらしいです🐘
効果時間は永続らしいですな。



公孫淵(火事場の馬鹿力)

速度を選択。コスト1の火事場の馬鹿力といったら自分の中では大戦2の臧覇(同じ騎兵 特技勇猛、武力3知力4)
臧覇と読んでしまいたくなりますな。
彼だけ計略試すの忘れていました。紀霊(忠臣の三尖刀)ワラにも入れて使っていたので今後も使っていく予定です。
しかし紀霊はいつの間にか0ptになっていましたな。自分が知らないだけで使われているようですな。
張嶷は今週35ptです(笑)



マッチングで気になった新武将

不滅の麒麟児
まだ慣れていない人もいましたが、うまく使ってくる人もいました。
デッキの形としては劉備(旅路)を加えた4枚型構成とマッチングしました。
兵力ミリからのバリア、乱戦、大車輪の特大化が印象的でした。その反面、攻城術がかかるわけではないので自分は防護戦法と横弓(守城術)で対処しました。
逆に自分が使うとしたら守りに特化させた麒麟児(守城術を選ぶかもです。
バリア張ってからの粘りが強いですが乱戦していても城ゲージが上昇するタイプにはいくら堅くなって乱戦していてもタイミングによっては攻城許しちゃうと思うので、それなら守りに特化させた彼と対になるような攻城に強い武将と組ませようかと考えています。
新麒麟児エンプレス旧麒麟児コンボも考えています。
エンプレス武力上昇効果時間が下方されましたが乱戦速度は変わっていないので、麒麟児同士で戦ったときにどんな結果になるか楽しみでもあります。



落日への序曲&黄昏の大号令
これは強い!! 
一度号令に対処できても使用士気が低いので二度、三度の号令からの黄昏系計略につなげられると何も無いですな。
最初は計略内容から過去の三国志大戦シリーズにあった袁紹(逆境の大号令)をイメージしていたのですが、YouTubeで上がっている動画を見ましたが今作だと仕様が違うようです。
落日で削って黄昏使うほうが強いかな(オイ! 殿に失礼だぞ!)と思ったので調べてみたら士気-7での爆発力は殿は武力+10 黄昏は武力+8 黄昏の場合、ここに遊軍足して+9という感じです
今月はこの号令がはやるのかなと思う反面、来週中には対策を動画にあげている人がいるのではないかと情報の流れの速さを感じました。



明鏡止水
ついでにマッチングはしなかったものの注目されている荀彧
その計略内容から栄光の反計って単語もTwitterで見たのですが自分も同じこと考えていました(笑)
ただ気になったのが範囲で昔の荀彧の範囲を紹介している方もいました。そっちのほうが気になって自分も調べてみたら画像がありました。
無断転写になるので載せませんが最大士気貯めた明鏡止水より明らかに大戦1の荀彧 (玄妙なる反計)のほうが長いです。

自城前カード一枚分前あたりに置いた場合(直線上)

明鏡止水(士気最大) 中央ライン越える。相手が前進してきた場合、範囲に入る。

玄妙なる反計 敵城前に届く。相手が出城と同時に反計可能。

……昔の自分はどうやって荀彧と戦っていたんだ?


思い出してみたら当時は呂布ワラ、その後7枚、8枚デッキと枚数と手数を増やしていったので相手が誰を反計していいかわからない状態になっていた記憶があります。
あとは裏をかいた計略使用とか、当時の荀彧(弓兵:武力1知力9無特技)は武力1だったので先に倒すとか……。
あと、当時のこちらの最大の武器が若さだったので(笑)

今は環境も違いますし7枚、8枚の操作は無理だと思うのでマッチングしたとき考えようと思います。
まずは対面で体験してみないとわからないですからな。



自分の中での半年間振り返り

半年を過ぎていろいろと大戦に対しての心境の変化がありました。
これまでのメインである張嶷デッキを使っていくという目的から張嶷を勝たせていくスタイルにかわったので、デッキのコスト的に張嶷と組むことができるならば勢力問わず強い武将を登用していく方向へ舵を切りました。エンプレスも意識してデッキに入れたりしました。
自分の思考やデッキがガラパゴス化しないように、脳に刺激与える意味でも強いカードには触れたほうが良いかなと思うようになり、実際にここ数ヶ月はいろいろなデッキに触れて試行錯誤を繰り返してもいました。

……短期間に連続して現れた公式公認のインチキカードの出現の影響もあると思います(オイオイ!)
じゃあ、オブラードに包んで生唾ごくりものの公式公認チャンスカードの出現とか……。
その影響で長年投稿されていた方が次々と桃園から離れてしまったとか……。
通っていたゲーセンが閉店してしまったとか……。英傑大戦の発表とか……。


先月体調崩したのもありますが、ちょっと気持ちが追いついていない部分もあったりします。

新バージョン、新武将との出会い。新たな君主たちによる桃園投稿など、少しずつ元気を分けてもらえればと思います
週末になりがちだった大戦も思い切って平日の夜に出陣してみました。

以前は気軽に平日も出陣していたのですが非常に腰が重くなっていましたな。

この投稿を書いている今日はいろいろと考えるの辞めて心身共に休みを取ろうと思います。
といいつつ、午前中も仕事していたので本当ゆっくり休もうと思います。

再見


©SEGA
更新日時:2021/07/11 15:30
(作成日時:2021/07/11 14:51)
コメント( 12 )
12件のコメントを全て表示する
楊狐
楊狐
7月12日 13時22分

ジャスタさんコメントありがとうございます。
お祝いの言葉ありがとうです🐘
月一でもジャスタさんの投稿を読めるのは嬉しいです🐘
ゲーセンを取り巻く状況もまだまだ厳しいですからな。
ジャスさんもお身体に気をつけてください。自分も体調には気をつけて過ごしていきたいと思います。

新皇
新皇
7月30日 21時8分

太尉昇格おめでとうございます!!\(^o^)/

楊狐
楊狐
楊狐
7月31日 11時51分

新皇さんコメントありがとうございます。
お祝いの言葉ありがとうです🐘
最近、出陣出来ていないので再起動したいです🐘

コメントするにはログインが必要です
シェア