2545

三国志大戦 初心者・中級者講座1

by
光宙老師(ピカチュウ先生)
光宙老師(ピカチュウ先生)
こんにちわ、光宙老師です。

以前投稿した初心者講座から早数ヶ月。近くのお店の配信環境の事情で配信を控えていましたが、ついに配信が本格的に出来るようになったので、初心者・中級者講座をやることにしました。

ここでは、初心者・中級者(主に覇者、覇王、人によっては征覇王も?)に向けたお話がメインになります。

まず、これをやろうと思ったきっかけから。
自分は日頃から上位ランカーの方々にボコボコにやられています。仲間には白兵がお粗末と言われることも多いですし、カードの効果もきっと半分近くは覚えていません。そんな自分でも度々100位以内に入ることができています。

この事から、きっとランキングが表すほどプレイヤーの間に大きな差はないのでは?と思っています。なので、自分が普段やっていることや考えていることを極力単純化して、皆さんに配信で届け、あわよくば皆さんのランクアップもできれば…と思っています。

第1回の初心者・中級者講座は以下の動画から。(YouTube配信アーカイブより)

https://youtu.be/cbcasMmXQzs

概要
最初の1セット『このゲームのルールや勝ち方など』
2戦目以降『枚数差の意識』  
※2戦目~4戦目はランカーの方々に蹂躙をされてヒーヒー言っているので、5戦目以降(アーカイブ50分頃~)からが本格的な枚数解説になります。
※マッチするデッキがワラ、号令で重要視する点が異なるので、今回の内容はvs号令戦がメインの解説となります。


恐らく桃園をよく見る方々は中級者に属する人が多いと思いますので、後者について。

このゲームはあくまで城を取ることであり、敵を倒すことではありません。
イメージとしてはアメフト、ラグビー、将棋に似ていると思います。

戦場を左右半分に分けたとき、相手の戦力がある一方に寄っているともう一方は脆くなる。→ラグビーやアメフトの感覚、三国志大戦で言うなら高武力がどこに偏っているか

相手の駒が少ないとき、こちらの駒が多ければ当然弱い駒であったとしても戦果を残せる。→将棋のイメージ、三国志大戦で言うなら相手の部隊が復活しきらないタイミングを狙う。

どちらもデッキによりけりですが、ある程度はこれら全ては自分で作り出せます。また、作り出さないとただ計略の強さだけで勝敗が決まってしまいます。

この動画では、どんな場面で枚数差を意識しているのか、どのシーンで枚数差のアドバンテージが生まれているのか、を主観ではありますが試合の中でリアルタイムに解説しています。

枚数差の意識は自分もしているよ!という方には需要はないかもしれませんが、別の回で異なる観点の意識を配信します。

次回配信内容は『士気差の作り方』を予定です。
 
更新日時:2019/11/05 01:32
(作成日時:2019/11/05 01:18)
コメント( 8 )
8件のコメントを全て表示する
光宙老師(ピカチュウ先生)
光宙老師(ピカチュウ先生)
11月5日 15時45分

七歩之才さん
あの古き良き大戦1から十数年…。どんどん画期的なものが出てくるので、その度に挑戦していきたいと思います!

光宙老師(ピカチュウ先生)
光宙老師(ピカチュウ先生)
11月5日 15時46分

ヤンさん
弓が成し遂げる仕事が圧倒的に高まるので、まさにその通りだと思います!
次回もお楽しみに!

光宙老師(ピカチュウ先生)
光宙老師(ピカチュウ先生)
11月5日 15時49分

快速特急洛楽さん
基本はおっしゃる通りです!ただ、恐らく半数以上の方はそれは理解していると思います。なので、あえて視点を変えて士気差を作る意味があるのはどの場面か、士気差1や2といった数字に価値がある場面とそうでない場面の判断はどこか、先出しを強要させられる相手にどうやって士気差をつけるか、などをやりたいと思います!

コメントするにはログインが必要です
シェア