162

三国志大戦の思い出 第3回「三国志大戦1 お金周り編」

by
雷命
雷命
俺「今回の三国志大戦の思い出のお時間です。
  ゲスト武将は今回も覇者曹操殿です。」
覇者曹操「3回連続俺がゲストで良いのか?」
俺「実際のところ、三国志大戦1はほぼ魏の天下、
  と言っても過言ではありませんでしたからね。」
覇者曹操「で今回は?」
俺「はい、今回のテーマはこれ」

三国志大戦の思い出 第3回
チキチキ「三国志大戦1 お金周り編」


俺「今回は当時のお金周りの思い出を語っていきます。」
覇者曹操「前回の終わりにプレイ料金以外も語ると言っていたな。」
俺「今回はプレイ料金+アルファで語りますが、
  どちらかというと今回はアルファ部分に重点を置いた
  思い出になっています。」
覇者曹操「そのアルファ部分が気になるが、
     まずはプレイ料金について語ろう。」
俺「当時の三国志大戦1のプレイ料金ですが、
  以下のようになっていました。」

・初回投入金額300円
・全国戦1戦目勝利すると200円投入で2戦目プレイが可能
・全国戦2戦目勝利すると100円投入で3戦目プレイが可能
・店内対戦、CPU戦は勝利すれば連コイン無しで2戦目プレイができる
・全国戦3戦目終了後、もしくは、店内対戦、CPU戦が終了後は
 再び300円投入に戻る

俺「というのが当時のプレイ料金の簡単な体系です。」
覇者曹操「当時は300円から始まり、
     全国戦1戦目を勝てば2戦目を200円でプレイする権利が得られ、
     更に2戦目に勝てば3戦目を100円でプレイする権利が得られたな。」
俺「武将カードを複数排出する為には全国戦を勝たなければならないという厳しさがあり、
  店内対戦とCPU戦では1枚しか排出されなかったのです。」
覇者曹操「当時はほぼ列で待ちがあったから、
     負けた時点ですぐに席を立たないといけなかったしな。」
俺「それでいて、3枚排出が確定したとしても
  必ずしも欲しいカードやRやSRが手に入るわけではないので
  それがもどかしかったです。
  頑張って3戦目まで行ったのに全部持っているコモンカードというのも
  日常茶飯事で、ゲッソリしながらリサイクルボックスに入れてました。」
覇者曹操「全国戦3戦目まで行けば料金は計600円で排出カードは3枚。
     今作では最大800円と高価になっているが、排出カードは最大6枚。
     どちらが良いかと問われると、今作が良いかなと思えてしまえる。」
俺「自分も実際、今作の方が良いと思います。
  そして、当時はカードの登用登録制ではなかったので、
  リサイクルボックスにあるカードをそのまま使うということもできました。」
覇者曹操「プレイ料金はわかったが、
     アルファ部分はどんな内容だ?」
俺「アルファ部分はそれこそなかなか排出されない
  RやSRの話に繋がります。」
覇者曹操「ほう、それがどういう繋がりになるんだ?」
俺「自分はそこまで当時はヘヴィープレイヤーではありませんでしたが、
  そこそこの頻度でプレイしていました。
  で、やはり、SRのカードを使ってみたいという想いが強くなりますが、
  なかなか排出されません。
  そこで目を付けたのが、中古トレカです。」
覇者曹操「そうか、欲しいカードが排出されるまでプレイする料金よりは、
     多少値が張ろうと中古で買う方が良いということか。」
俺「その通りです。
  当時の中古市場での三国志大戦1のSRの値段ですが、
  店にもよりますが、大方500円から10000円くらいでした。
  そして、追加の新カードのSRとなれば20000円に行くものもありました。」
覇者曹操「当時の俺もそこそに高い値段だったな。」
俺「基本的に魏のカードが高かったですね。
  で、常に高かったのは暴勇の報いの王異でしたね。
  王異はイラストアド、計略性能も高いことから
  常に高い値段で推移していました。」
覇者曹操「あの王異の人気は本当にすごかったな。」
俺「そういうこともあって、SRの入手はトレードないし、
  中古トレカ店での購入が基本でした。」
覇者曹操「主はネットで中古トレカ店の値段を見ていたな。」
俺「そして、時間があるときは新宿駅や秋葉原駅周辺の
  中古トレカ店やレンタルショーケス店を見て回り、
  少しでも安く売っている場所で購入していましたよ。」
覇者曹操「それにいろんな店のリサイクルボックスで
     無限回集もしていたしな。」
俺「無限回収についてはその話の回も設けたいと思います。
  まあ当時はいろんな店に行くのも楽しみの1つでしたね。」
覇者曹操「さて、今回はこのくらいだと思うが、
     次回はどんな内容だ?」
俺「次回の第4回は
  覇者の求心の変遷
  について語ろうかなと思います。」
覇者曹操「覇者の求心ということは
     次回も俺がゲストか?」
俺「はい、次回も曹操殿がゲストです。」
覇者曹操「主がなかなか使ってくれないから、
     こういう部分でしか俺の出番はないしな。」
俺「では、次回の三国志大戦の思い出 覇者の求心の変遷編でまた会いましょう。」
更新日時:2022/05/01 22:36
(作成日時:2022/05/01 22:31)
コメント( 5 )
5件のコメントを全て表示する
ミロ
ミロ
5月2日 9時34分

300円払って交代を繰り返してたのを思い出します。
低予算で勝てるデッキを考えるのが楽しかった( ╹▽╹ )

楊狐
文豪
文豪
楊狐
5月2日 17時43分

+α部分が一番大変でしたなぁ。
以前、自分の投稿にも書きましたが王異を手に入れるのが一番大変でしたな。

雷命
雷命
5月2日 20時21分

>>😁 様
当時の事情なら余裕でそれぐらいいきますよね。
>>みいけん 様
実際そうしないと資金が足りないですw
>>ミロ 様
当時もC、UCも有用なカードは多かったので低予算デッキは多かったですね。
>>楊狐 様
本当に王異が高いし、出ないでやばいと思いますw

楊狐
ミロ
コメントするにはログインが必要です
シェア