117

張勲MASTERの大反省会

by
MAYRE
MAYRE
投稿を見てもらいたいけれどコメントが付くとビビるという矛盾。


VS 極意張遼 馬王双 特攻龐徳 荀攸



まず問題となるのはこの動画。
一度戦った相手で、相手はデッキチェンジしている。
つまりこちらの手の内は遊軍もバレている状態で開幕の初期配置も予想される。
一方で相手は苦手な騎馬盛りに極意までいる=紀霊がヤバいという不利な状況に。


~開戦~
全部の配置で武力不利。
張遼の奇才疾風迅雷によって騎馬同士でもこちらが低速な状況。
張遼の乱戦武力9*9=81に対してこちらは紀霊+張勲+楊秋で49+25+25=99と
1vs3でやっと釣り合うレベル。まともに張り合ってはダメ。

鄒氏と龐徳がすれ違った時点で張勲と楊秋は引き返さなくてはいけなかった。
相手には横弓の荀攸がいるし、張遼が帰城した時点で鄒氏は攻城不可確定。
それに加えて相手は城門と荀攸の柵2枚でこちらの攻めを軽減。

その結果龐徳には6回も攻城を許し、
張遼に絡まれた騎馬2もボロボロの状態に。
残り城ゲージ68.61%で袁術の壁が通ったとしても1発では逆転不可。
これで相手はちょこっと守るだけで優勢をキープして終わりを迎えられる状態に。

その後はなんとか塗り返そうとでもしたのか張勲が鄒氏のフォローなしで突出、撤退。
内乱まで持っていかれて61.01%。約40%も城を持っていかれて何も得られず。

その後も各部隊をバラバラに投入、各個撃破されて紀霊の多勢も弱体・遅延。
普通なら65Cくらいが目安だった。
それからも武力負けしている王双エリアへのフォローもせず、
紀霊が槍消しされた状態で極意2部隊。
多勢の効果時間30Cを1/3程度使ったくらいで無駄死に。
ただ、色塗りを欲張った龐徳の極意の効果時間が終わる頃に楊秋が
完殺できたのはこれだけマイナスがある中でも褒めてもいい部分。

これでようやく長い開幕が終了して互いに一息。ただし遊軍準備完了。



~中盤すっとばして終盤へ~
ここで士気溢れを嫌ったか、回復帰城で少しでもラインを上げられると考えたのか
多勢を発動して周瑜に2部隊。
この時点でこちらは多勢+完殺+多勢で士気12使用。
相手は極意1回の士気6しか使っていなかったので2回目の極意でカウンター。
槍2部隊は後方にいたため雍闓と張勲はまたしても無駄死に。
さりげなく袁術が青エリアを動いているのもマイナス。
当然騎馬を失った状態でラインが上がり切るわけもなく、
相手には体勢を整えられてしまった。
紀霊が城に着く頃には龐徳も復活している危険な状態。

鄒氏で槍出ししながら紀霊で城門を取ろうとするも、
荀攸の弓は鄒氏を射抜き槍なしの状態へ。
ここで騎馬が生きていれば荀攸を襲わせてマウントが取れていたはずだった。

この時点で城ゲージは約45%差がついていて
紀霊の城門17%と袁術の壁20%を通しても内乱までいってようやくというライン。
そこを防衛しようとした相手の極意に釣られてしまい、
袁術が自爆。そして範囲外。
これで紀霊が城門を2回取ったとしても逆転不可能で敗北確定。
自分から負けを選んでしまったケース。
ここで取るべきだったのは大驀進か完殺剛騎の2択。
ただどちらにしても武力差はあるし、極意騎馬を止めることはできない計略なため
敗北の結果には変わりなし。



~感想~
こうして動画とにらめっこしていると開幕のやらかしを取り返そうとして
どんどんやらかしてしまっていた印象。これはひどい。
トータルで勝てるプレイヤーとそうでないプレイヤーは
気持ちのリセットができるかどうかでわかれていくのかなぁ・・・
それだったら反省会した数日後のプレイで取り返せたから
レベルアップはできているような気がする。

トータル戦法できた動画はまたそのうち。続く。
作成日時:2022/04/26 15:50
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
ミロ
ミロ
4月27日 12時27分

乱戦ダメは、5.2+0.88✕武力差です。
その掛け算の計算方法全くのオカルトですよ。

MAYRE
MAYRE
5月3日 2時57分

>>みいけんさん
相手のカップやリボンに関しては気にしたことがなかったです。
英傑ランキングに関わったことがなかったので・・・そういった相手の強さの計り方もあるんですね。
応援ありがとうございます!

MAYRE
MAYRE
5月3日 2時58分

>>ミロさん
正確な情報ありがとうございます!
三国志大戦3の頃に見かけたような大雑把な見方・・・古すぎ&信憑性なさすぎですね

ミロ
コメントするにはログインが必要です
シェア