261

2022年 迎春

by
どらぼし
どらぼし
てん てててててれれん


ワシ「いやあ、やってまいりましたなあ。2022年」
孫策「だな」

孫権「で、またコタツの中にすっこんでいると」
ワシ「いや正月早々さすがにゲーセンは行かないからね?」
孫策「逸ったところでなんもないしな」
ワシ「そんな事よりおせち喰うぞおせち」
孫権「仕方ないな」

小虎「もちもち」
ワシ「小虎ちゃんおいしいか~」
小虎「ひょうほ、もっひょほもひひゃべるの~」
ワシ「一回口から出して喋りなさい」


周姫「さあ孫氏ちゃん!周姫ちゃんと羽子板勝負です!」
孫氏「ん?いいぞー」
周姫(ふふふ…私は知力8!いくら飛饒双円刃とは言え簡単には貫けないはず…ん?)
大虎「命令よ…虫を纏めて焼きなさい」
孫氏「必殺!爆熱マキシマムレシーブ!」※武力15
周姫「ペスタロッチ!」※武力4


ワシ「さて、今年もお年玉のお時間だ」
孫権「去年みたいに俺に玉落としたりするなよ」
ワシ「え?やだなあそんな事やるわけないじゃないですか」
孫策(これはやろうとしてたな)

諸葛恪「おい君主!」
ワシ「うわめんどくさいのが出てきた」
諸葛恪「お前、去年は僕にお年玉をよこさなかったじゃないか。どういう魂胆だ?」
ワシ「めんどくさいから」
諸葛恪「めんどくさいとはなんだ!将来有望な相手はしっかり支えるものだぞ。これだから無能は…」

諸葛瑾「ああ、ここにいたんだね元遜」
諸葛恪「あっ父上」
諸葛瑾「我々も家で正月を祝おうか。ちょうと伯松も孔明のところから里帰りしているからね」
※伯松…諸葛喬。忘れられがちだが諸葛恪の弟
諸葛恪「仕方ないな…おいお前!今回は許してやるから来年は頼むぞ。あと早く刷れ!」
ワシ「お前どれも使いにくいからデッキに入らないんだよなあ…」

ワシ「まあ、面倒な奴もどっか行ったから、改めてお年玉…だが、実はもう全員に送った。諸葛恪以外
孫策「いくらくらい入れてるんだ?」
ワシ「ふふふ…内緒だ」

朱桓「おい貴様!」
ワシ「なんだ矢印」
朱桓「貴様、季文へのあのお年玉はなんだ!」※季文…朱異
ワシ「え?ああ。お金の代わりに矢印を入れたんだがそれがなんか?」
孫策「それはお年玉なのか?」
朱桓「お前があんなもん渡すから季文が壁に刺さって抜けなくなってしまったぞ!」
孫権「それどゆこと?」
ワシ「まあまあ。後で孫綝に助けに行かせるから家で待ってろ」
朱桓「仕方ないな」
孫策(あいつ終わったな…)


ワシ「さて…と。まあ茶番はこの変にしておくか」
孫策「毎回茶番な気もするけどな」

というわけで
 
皆さま、あけましておめでとうございます。

2022年もどらぼしは、孫策と共に三国志大戦を楽しんでまいります。

よろしくお願いします。









孫策「今回はオチはないんだな」
ワシ「なんだ入れてほしいのか。じゃあほい」


\ /
 〇
\ /
 〇

 権


孫権「兄上余計な事言わないでええええええ!てゆーか去年より増えてる!」
更新日時:2022/01/01 11:42
(作成日時:2022/01/01 11:39)
カテゴリ
ネタ
コメント( 1 )
miken9333
文豪
文豪
miken9333
1月2日 12時27分

明けましておめでとうございます!
こちらも賀斉とともに楽しんで参ります♪
よろしくお願いいたします!

どらぼし
コメントするにはログインが必要です
シェア