402

個人的見解満載の華雄孟獲デッキのお話。

by
亥崎雨龍(読み:イザキウリュウ)
亥崎雨龍(読み:イザキウリュウ)
※解説など、個人的見解と現デッキでの立ち回りが満載です。その辺ご了承の上お読みください(;´∀`)

どうも、亥崎雨龍です。桃園お久しぶりだったりしますw
太尉になり、新しいカードが増えたりと色々ありましたが、私は元気です(ぇ

そんな私が今日お話するのはこちら!




猛威を振るっているらしい華雄孟獲のお話をします。
らしい、というのはほとんど当たってないからであって、上とか下とかは結構いるんだろうなぁっというのが今のところの感想です。

まず最初に、華雄と孟獲のスペックと仕様を見てみましょう。

〇邪鬼の暴走【華雄】



10/4/2 勇猛持ちの3コス槍ですね。

計略も以下の通り。


基本:武力+2 車輪付与
1枚切:武力+10
2枚切:攻城術付与
3枚切:車輪ダメージ上昇


個人的に結構使うのは1枚切、敵城近くの場合は2枚切といった感じです。
3枚切は決めにいくときにや武将を切って復活させた方が早いと思った時は使いますが、めったに使いません。
恐らくですが、バリア出る姜維のバリアと一緒に出る車輪ダメージ上昇より弱いんじゃないかなと体感思いました。

華雄の対処法としましては。
通常の車輪への対処法(守城弓横弓、自城ローテなど)、切る対象を先にやる感じですかね。

一番対処しやすいのは切る対象を先にやることかなと思います。
コス3の華雄がいるということは、大体切る部隊はコスト低めで武力低いことが多いと思います。
なので、高武力を華雄に任せて、騎馬などで他部隊を片付けるほうが対処しやすいかなと。



〇七転八起【孟獲】



次に、孟獲になります。
5/3/3 復活持ちの2コスだと征圧極振りで将器は復活減少一択という、さすが孟獲意味が分からないスペックとなってますw


七転八起は最初に+3され、復活すると+3して帰ってくる永続計略になります。

まあヤバいですねw

個人的に使ってる身としては最初+3、復活時+2くらいでまだぶっ壊れなかったんじゃないかなーなんて思ってました。
+3ずつ増えるのはヘイトとるし、初心者になればなるほどどう対処するか考えるかやめるかもしれませんね😅

対処法として考えたのは・・・
ダメ計、牛歩などの移動妨害、雲散(消す)、完殺(復活を遅らせる)、消えぬ呪い(ほぼ永続武力低下)など、計略関係になっちゃいますね。
ダメ計は実用的ではないので、それ以外がありかなと思います。
また、一緒に華雄など切れる計略持ちがいる場合は孟獲を適度にやりつつ華雄などの切る系の計略持ち武将を倒す方向になるので難易度上がります😅

 
そして、これを書いた日に華雄孟獲入りデッキと対面しました。
こちらをどうぞ!




こちらは華雄孟獲入りのデッキとのバトルになってます。
今回の試合での相手華雄孟獲に対しての考えとして、


・孟獲:完殺で時間を遅らせる
・華雄:華雄1枚切りでほかのメンツとでやり過ごす


という流れをとっています。
あとは臨機応変に動くといった形に持っていってます。

こういう時は自軍孟獲に士気を割かずに、華雄や楊秋などの一撃が重く士気が軽いメンツに最優先にしています。
それを心掛けつつ今回の試合に臨んでいます。
私のデッキ自体、華雄を城門にどうにかして入れるという選択肢以外あまり選べる方法がないんですけどね(;´∀`)

最後に・・・

ベラベラと自分の見解を語りましたが、私はこのデッキが好きです。
孟獲とつくすべてのカードが好きですし、今回の華雄のカードイラストが本当に好きです。

どう対処するか考えているだけならいいのです。
いつのバージョンでも、計略がうざいから、ただ嫌いだから使うなとか早くバージョンアップきて下方しろというヘイトキャンペーンのようなものを見るのは気分が悪いです。

ただ嫌いだと言っているそのカードにも好きな人がいて、好きなカードがたまたま強カードだったということもありえます。
そんなカードが好きな人達の気持ちに泥を塗っていることを重々承知の上で発言してください。

昔あったぶっ壊れ過ぎた方天戟呂布やら天破郭淮、最近のお寿司屋さんみたいに緊急修正されるレベルのぶっ壊れはセガのサポートに意見として言うのはいいかもしれませんね(*´ω`*)
SNSで騒いでも届かないこともありますから、届くか届かないかはわかりませんが直接意見してくださいね。

最後偉そうな事言っていますが、自分的に孟獲に対してのヘイトキャンペーンは見てて辛かったのでここにツラツラと書かせてもらいました。
使ってみて、そのヤバさを体験して、対処法も考えて見るのもいいかもしれませんよ!

ではでは、最後に華雄孟獲デッキの再生リストを置いときます。【再生リストはこちら!
もしよかったらどうぞ!

ではでは、長々と書きましたが・・・

ここまで読んでいただきありがとうございました!

※孟獲の名称が入ってなかったのでちょい編集。
更新日時:2021/11/09 21:36
(作成日時:2021/11/09 21:32)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア