192

漫画の話♯2 パリピ孔明

by
楊狐
文豪
文豪
楊狐
漫画の話 第二回目になります。

自分企画として年間を通し月一で漫画を紹介する投稿。
今回は第一回でも名前を紹介したパリピ孔明をお送りします。これまでにもここ
桃園で何度か別の方が投稿で紹介されていましたが、自分も改めて紹介していこ
うと思います。








タイトル:パリピ孔明
原作:四葉タト
作画:小川亮
出版社:講談社
レーベル:ヤングマガジンコミックス



あらすじ
五丈原の戦いで死期を迎えた名軍師・諸葛亮孔明は、若い肉体に戻り、現代日本へと転生した!
渋谷のパリピ達に誘われ、たどり着いたのはダンスミュージックが鳴り響くチャラめなクラブ。
そこでシンガーを目指す月見英子と出逢い、孔明の二度目の人生が幕を開けた!
三国志時代、天下泰平のために生きた彼は、なんの為に生きるのか――!!


コミックDAYSより
(漫画アプリおよびウェブコミック配信サイト







ジャンルは、これもよくある歴史上の人物転生もの
歴史上の人物が何らかの理由で現代社会へというパターンなのですが、

パターン1 そのまま現代へ来てしまった。現代社会に驚きつつも順応し、逆に
その偉人の得意分野を生かして活躍していく。

パターン2 死後。転生して前世の記憶を持ちながら現代社会に誕生。大体女体
化する。

パターン3 死後。転生するもなぜか若返っていて、現代社会へと現れる。やは
り大活躍。

大体織田信長が全部やったパターンだと思いますが(笑(オイオイ)

なんか一時期、織田信長ばかり流行った時期があったような。

それぐらい転生させる歴史上の人物はインパクトの強い、意外性のある方が選ば
れるのではないかと思います。
あと知名度。ある程度の知名度があってみんなが知っている有名な歴史上の人物
歴史の授業で習ったとか、本を読んだ、ゲームで知ったとか親しみを感じられる
そうした共通認識が高いほうが漫画としても商業的に売れるのではないかと思い
ます。

逆に知名度が低くても作中を通して、この人はこういうことをした人だと解説し
読者が学んでいく作品もあります。

今回のパリピ孔明はそういう意味では、なかなかのチョイスだったのではと思い
ます。そもそも諸葛亮孔明名前自体は知っていてもどんな人物なのかまでは、
詳しく知らない方のほうが多いのではないでしょうか。

大体、三国志自体好んで読まれた方でないとわからない部分もあると思います。

自分も最初は中国四大奇書の一冊程度にしか知らなくて内容がどうなのかは知り
ませんでした。三国志大戦をやり始めてから友人にいろいろと教えてもらったり
して覚えた感じです。

逆に、この漫画をきっかけに孔明がどんなことをした人なのか、三国志とは何か
とか、知るきっかけになれば幸いです。
三国志を知っている人は孔明がなぜ、現代の渋谷からスタートするのかという意
外性に面白さを感じられると思います。

自分もタイトル、漫画の設定から、すごく気になって公式サイトで気づけば夢中
でページをスライドさせていました。

孔明の活躍が見たい自分がいます(笑

しかし、話が進むごとに孔明だけでなく現代で知り合った主人公が孔明の計略に
応じ、成長していくというもいいですな

最新刊4巻のエピソードは非常に良かったです。二重の意味で良かった。ネタバ
レになるのでパリピ孔明が気になった方は公式の
コミックDAYSの方をチェック
してみてください。


今回はバージョンアップ直前ということもあって「SEGA」「三国志」「ゲーム」
の中からを「三国志」をテーマにパリピ孔明
を紹介させていただきました。

果たして新バージョン新カード、その中には新しい孔明の姿もあるのでしょうか

三生が楽しみです。

再見



©SEGA
©講談社
作成日時:2021/02/07 14:57
コメント( 6 )
6件のコメントを全て表示する
楊狐
文豪
文豪
楊狐
2月7日 16時23分

ミロさんコメントありがとうございます。
「異世界おじさん」気に入られたようでなによりです。
今回の「パリピ孔明」も気に入っていただけると幸いです。

ミロ
カッツェ
カッツェ
2月7日 16時49分

四巻でてたことをここで知りましたw
本屋いかないと

楊狐
楊狐
文豪
文豪
楊狐
2月7日 17時43分

カッツェさんコメントありがとうございます。
購読していたのですな。ぜひ、四巻もゲットしてください♪

コメントするにはログインが必要です
シェア