672

ひっそり生きてます

by
打楽毅
打楽毅
約2年ぶりです。打楽毅です。
去年の2月あたりから復帰してました。

前回の投稿(晋もまだない頃)の後、雄飛孫策、桃園劉備と関羽に向かい風が吹く中何とかスタンプを埋めたりしてましたが、
桃園劉備のスタンプを埋めきった所で力尽きて一旦休眠。最新20戦は4とか5勝だったような

龍玉も当時は出が渋い(天下統一戦も勝たなきゃスタンプが埋まらない時期)、スタンプ復刻もまだ安定してない時期だったので、
初動で取りのがすとダメージがとにかくデカい。
けど週一勢ではそもそも取れる時期には周りが使いまくってるし、取ったらもう月1の調整が待ってる、と言った感じだったので
環境は追えない、かといってプレイしないとその後困るという板ばさみでした。

結局桃園劉備が排出されたのが9ヶ月後ぐらい。

さんぽけ終了のお知らせを目にする(去年1月)→ソシャゲのお約束でここからサ終までばら撒くんじゃね?→一旦金銀銅使いに行こう

って考えだったから、ある意味さんぽけのお陰で復帰した訳ですね。

カードゲームに良くある「死んだ時能力」が少なくとも自分のさんぽけにはあったようです。

久々に帰ってみたらまず龍玉周りが相当緩和されてるし、縁も500まで溜め込めるし、さんぽけ武将もこの時はまだそれなりにカードプールがあるしで、
週1勢に厳しかった部分がかなり緩和されてて好感触。

使ってたデッキの関羽と馬姫はもう環境の隅っこでちっちゃく三角座りしてましたが・・・
ひとまずその日は今後のデッキ問題以外は好感触で終わり。

直前の投稿~2019.2月まで。ここから今までについても触れるかもしれないし、端折って最近の話に飛ぶもしれません。
また2年空くかもしれません。
作成日時:2020/03/01 10:15
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア