1446

好きな武将(将器)に入れ込みすぎて他の武将(将器)はへなちょこばかり。

by
楊狐
楊狐
皆さんの好きな武将は誰ですか? 入れ込んでいる武将は誰ですか?

「一緒に進もう、前へ」なんてのイケメン武将のように大好きな女性武将に将器ガチャで当たり将器を貢でいる方、結構いますよね。
はい、挙手してください。

「ぼ、ぼくの縁がぁぁ!」と、山頂布陣してしまった某武将のように、その強さにひとめぼれし。折角、貯めた縁をつぎ込んだにもかかわらずハズレ将器をつかまされた。そんな悲しい思いをした人は多いはず。

「てめぇ…… 俺の縁(銭)をぉ…!」それどころかの富と色を好む武将(カード裏テキストから)のように縁を使ったのではなく結果的に縁を奪われ(決して誇張じゃない)、怒り心頭の君主も多いはずです。

桃園の投稿でも、この手の話をよく目にします。
では自分の場合、誰に将器を付けているかというとやっぱり関興。て、また関興の話してる (´・ω・`)
と、とりあえず、現在使っているのワラデッキを見ていきましょう。

関興  (突破)活兵活 突破強いと書いておきながら、実は最近まであまり将器を選択していなった。
沙摩柯 (攻撃)兵兵  ワラデッキ、号令問わず、スペックオーバーな強さが実感できる弓兵。
関平  (攻城)兵兵  安定感抜群。使わず嫌いだった武将。なんでもっと早く使わなかったんだ。
夏侯月姫(速度)攻活兵 信号機だが計略目当てなのでほとんど将器を選択していない。
趙累  (地の利)活活 どんな地形でも投げられる。復活しては投げられる。
諸葛鈴 (征圧)活兵活 白状すると、彼女の落城シーンが見たくて必ず入れている。一体、いつみられることやら。

こうして改めてみると意外と将器は当たりなのかな? 第三者の意見が聞きたいです。

自分の場合、ワラデッキを使っているせいもありますが、もともとコストやレアリティの高い武将はスペックも計略も強いのだから、そんな武将に将器を付けるよりも、コストやレアリティの低い武将に将器を付けて個々を強化しデッキの総合力で勝とうかと思っています。特に計略を使った局地戦ではなく、素武力での局地戦で活路を見出す。
なので関興の将器は固定ということはなく。どっちかとうと沙摩柯関平、あとコスト1につけることが多いですね。
コスト1で低い士気でお手軽パワーアップができ、活もあるので安心な 趙累 。今後、どんな超絶強化が追加されようが、その計略発動をなかったこと(範囲に入れる武将には気を付けて)にしてくれる諸葛鈴。このふたりが意外と重要だったりします。

自分の感想としては将器はデッキをさらに強化できるアイテムと考えているので、もし今回のタイトル通りになっている君主の方がいたら、今一度デッキの武将たち(特にC,UC)の将器を見直してみてはいかがでしょうか?

再見
更新日時:2021/11/23 18:26
(作成日時:2017/06/27 22:56)
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
ミロ
文豪
文豪
ミロ
2017年6月27日 23時8分

はじめまして、自分は袁術を使い続けてますが、覚醒したのはトラックボールが反応しなかった時だけです。
強いカードが強くなったほうがいいですよ、世界が変わります。

楊狐
七歩之才
七歩之才
2017年6月27日 23時12分

諸葛鈴 (征圧)、いいカードですね。
僕は単体強化しかないデッキを使ってることが多いのでマッチした瞬間に悶絶しますw。
カンペイの攻城術も隠れ強カードですね。私もたまに将器装備させてます。

楊狐
楊狐
楊狐
2017年6月28日 20時7分

コメント遅れてすみません。

minsesaさん。コメントありがとうございます。
呂姫は凛々しくてかっこよいですね。自分も一度使ってみようと思います。
趙累は残念なことにこの一枚しかないのです。
紐切りでなんとか良将器を手に入れたい。何気に落城のセリフもカッコよいので。
ちなみに自分のデッキで落城シーンを見ていない武将は月姫と諸葛鈴。野郎ばっかり落城を決めやがる。トホホ。

ミロさん。はじめまして。コメントありがとうございます。
袁術は最初期の信じられない効果範囲からよくぞここまで広げてくれたと驚愕しています。
もっと広げてもいいと思いますが……、というより最初からこの範囲でよかったんじゃないか。セガさん。
コメントにあるように関興に将器つけてみようと思います。

七歩之才さん。コメントありがとうございます。
我が楊狐軍の諸葛鈴(征圧)は現在、彼女ただ一人。何人いても構わないので紐切りに期待です。
それと関平。使おう使おうと考えていたらバージョンアップでまさかの副将器上方修正。
これは使うしかない。将器は開幕、必ず攻城一発欲しい時につけます。
そのせいなのか2コスの騎兵がつられて関平へと向かってゆく。やはり攻城術は敵に回すと嫌なものですね。

コメントするにはログインが必要です
シェア