1370

刻み付けてやる!

by
うさまる
うさまる
愛する女が俺の子を身籠った。
本当にありがたいことだ。
だが期待と喜び以上に、俺は怯えていた。

俺は父親が嫌いだった。
酒を飲んでは、母に暴力を振るう父を憎んでいた。
そんな男の血が俺には流れている。
自らの子が誕生しようというのに、俺には父になる自信が無い。
自分が怖い。


そんな時だった。
山越賊が街を荒らしていると聞いたのは。
程普韓当黄蓋と共に現場に向かう。
俺は治安を守る役人をしている。
海賊退治で名を馳せたが、一歩間違えば俺自身が海賊に為りかねなかった。
ただ胸に秘めた思いが俺を律していた。

居た。賊徒だ。
渙発入れず刃を振るう。
気性が荒いのは父親譲りなのかもしれない。
ただそれを正義の為に使うことで、あの男とは違うと思いたかったのだ。

手強い相手だった。
どこか俺を推し測っているようにも感じる。
面白い!この孫文台を試そうというのか!

「待ってくれ!勘違いだ」
制止が入る。
男たちは山越賊ではなかった。
俺と剣を合わせた男が、既に賊を打ち倒していたのだ。

男の名は祖茂といった。
付き添いの男が波才だ。

非礼を詫びる我等に対し、祖茂は自ら望んで手合わせした事を告げる。
だが波才が口を挟んだ。
「いや、誠意が足りないね
酒だ!酒を奢りやがれ!」


……
​​​​​



どうやら飲み過ぎてしまったらしい。
気づけば波才が酷く畏縮していた。
酒癖が悪いのも父親譲りと言うことか…。
生れる子にも酒に溺れぬよう伝えねばな…。

しかし、今とても清々しい気分だ。
酔った勢いで言ったが「この世の父になる」というのは本音だ。
俺は皆が幸せに生きる世の中を作りたい。



一人夜風に当り物思いに更けていると波才が声を掛けてきた。
「あ、あのよ…」
渋々口を濁しているが、俺に伝えたい事があるのだろう。
悪者ぶっているが、根は優しい男だ。
俺にはそれが分かる。

波才が告げたのは自分が黄巾党の人間だという事だった。
その黄巾党が暴走しようとしている。
金と権力に溺れて変わってしまったと。
いずれ俺たちと戦う日も来てしまうだろうと…。

「孫堅…俺に気合を入れてくれねえか?
酒の席での説教…俺の心にずしんと響いたんだ。
俺は…太平道が好きだ。
だから俺は太平道の父親になる!
間違った道に進んだら、それを間違いだってきちんと道を正せる人間になる。
…だから孫堅!
俺にお前の度胸をわけてくれ!」


お互いボロボロになるまで殴りあった。
その拳に想いをこめて。
俺も波才の熱い想いを感じた。
別れ際満足そうに笑うが、何処か寂しげだった顔が忘れられない。


………


それから九年の時が流れた。
黄巾党の反乱は現実の物となった。
我等は同郷の朱儁将軍の援軍として黄巾賊と対峙する事になる。
その中には波才の姿もあった。

波才の軍は士気も高く朱儁将軍も苦戦していたが、兵糧不足等の事情により次第に追い詰められた。
劉備という男の伝言で、砦を襲った波才軍皇甫嵩将軍の仕掛けた罠に嵌まり、火計により壊滅した事を知る。
そして告げられる。
波才が俺と一騎討ちするために待っていると。

森を抜けると懐かしいあの男が居た。
満身創痍な様子が見てとれたが、精悍で力強い眼差しだ。
「孫堅…俺は後悔なく死にたいんだ。
あんたと出会って九年間。俺はひたすら戦ってきた。自分の信じる太平道を取り戻すために…
結局、太平道は、こうして戦いの道を選んじまった。
だが九年前…あんたが俺に言ったように、俺は俺なりに熱く生きてきた。
見届けてくれ…俺の生き様を!」


あの頃と同じ、いやそれより遥かに熱い想いを感じた。
しかし疲労の色は強い。
必死に抗っているが、息も絶え絶えだ。
「まだだ…俺の九年間がこの程度で終わるはずねぇだろ!?」
波才の鋭い刃が肩口を抉った。

「刻み付けてやる!絶対に刻み付けてやるぜ!
俺がこの時代に生きた事を忘れられないように!
生き様を刻み付けてやる!!」


俺の胸も激しく高揚し熱くなる。
強く生きている事を全身で感じる。
一瞬、この時間が永遠に続く事を望んだ。
だが、それは終わりが来るものなのだ。
波才自身がそれを一番分かっている。

胸に刃を突き立てた時、波才がうっすら笑ったように感じた。
刻んだぞ。我が友波才
お前の生き様決して忘れない。忘れるものか!

​​​​
(さんぽけ呉伝1章~2章より抜粋編集)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3月28日(木)にさんぽけ終わりますね…。
当初「どうせ女武将贔屓なんだろ?」と全く期待してなかったシナリオ。
上記の波才が活躍する辺りから、名シナリオと思うようになりました。
三国伝~北伐編~とか武将列伝に出てくる魏延とかも恰好良いです。
あと4日間になってしまいましたが、さんぽけ最期までやりきりたいな!

さんぽけがこの時代に生きた事を忘れられないように!
生き様を刻み付けてやる!!

更新日時:2019/03/25 23:25
(作成日時:2019/03/24 11:56)
カテゴリ
さんぽけ
コメント( 30 )
30件のコメントを全て表示する
土方竜
土方竜
3月27日 17時7分

たまにこの話みたいに熱いシナリオがあるのでなかなか侮れないですよね

うさまる
うさまる
3月28日 21時36分

>レイブンさん
予想以上に勘違いする人が多いですねw

うさまる
うさまる
3月28日 21時37分

>土方竜さん
さんぽけのシナリオ本当に好きでした
もう見れないのが残念です…

コメントするにはログインが必要です
シェア