1059

長坂橋の仁王

by
楊狐
楊狐
長坂橋の仁王とは?

三国志大戦2のR張飛の計略である。

R張飛 コスト2.5 9/3 勇猛 



もう、本人が来てくれないかなw

でも、出るとしたら典韋のようにコスト3になるんだろうなぁ。


出オチ感満載のコメントなんだけどw

去年、陳琳+李異=仁王再臨???で仁王再臨の再現をしてみて失敗しましたが、
今回もやりましたw


え、また陳琳?


いえいえ、今回は蒯良(漢鳴3)の計略で引っ張ってからの張飛(漢鳴3)の計略
あるいは、引っ張ってから張飛に少帝(漢鳴3)の計略をかける。


再現するなら、やっぱり張飛じゃないとねw


これにより、蒯良(漢鳴3)で相手を-5しながら引っ張り、張飛の計略+8
あるいは、少帝の計略で+13を実現。

かなりの武力差を使いつつ殲滅するというのが理想。


現実は?

聞かないでもらいたいなw



どうしても士気周りが厳しくて、タイミングもなかなかうまくいかず。

前回はトータル士気8だけど、今回はトータル士気10、あるいは9

下準備(漢鳴レベル上げ)もしなければならないので、なかなかうまく再現ができませんでした。

もともと蒯良は拾った武将で、挑発あるけど士気5、弓なのか。
でも計略は面白そう。だったのですが。


自分が使っている漢の関羽デッキだと。

関羽、孫堅、武安国、唐姫(応援)、あと征圧2の弓って考えた時に、

黄祖、魏諷、蒯良の三人が浮かんで。

今年の投稿で魏諷入れたけど計略まったく使っていなかったので、じゃあ、妨害計略の蒯良。

ということで、当初、征圧2の弓としてしか使っていなかったんですけど、
なんか普通に計略が強い🐘w

ということで、そのまま使っていますw

でも今回のバージョンアップで孫堅と唐姫が下方されて、
以前なら孫堅使って間に合ったところが、間に合わなかったり、
唐姫も若干、カウントが……。ってことがあったので。

いざという時の蒯良に助けられたりしていますな。

普通に強い計略(自分がそう思っているだけかも)だから、なんで上方されたんだろうとは思いました。

使用率(気づいたら達人になってたw)が低いからだと思いますが、
号令が主体の漢鳴デッキに入れづらいのかな。とは友人と話しました。

号令に号令を足した方がシンプルに強いし、運用もわかりやすい。

蒯良は応用力がある反面、癖が強いのかなとは思います。

漢鳴のレベルごとに計略カウントも全然違うようですからな(NITROさん検証お疲れさまでした)

とはいえ、漢鳴の舞いと合わせるという投稿もありますし、いろいろと面白いことができそうです。

漢関羽デッキは、しばらくはこのままで行こうと思います。


え、張飛は? 仁王はどうしたって?


R蔡氏の話をしようと思いますw(オイ!!)

この毒。いい感じですな。

前バージョンだとあっという間に撤退してたのですが、武力が+3になって意外と粘り強さが出ている!?
やはり武力が+1されるだけでも違うみたいですな。
しかも、この毒。触れている間だけでなく離れても気持ち残るので、ローテーションをしっかりやれば、
開幕乙も防げますな。しかも漢鳴レベルも上昇するという。

士気4の漢鳴上昇計略としては結構いいんじゃないかなぁと思いました。


邢道栄の話もしますかw

友人曰く、1コス槍で征圧2と勇猛があるのがいいと言ってました。
それ以上のコメントはありませんでしたw


上方された夏侯淵と朱皇后の話もしますかw

二人のコンボ。使い方としては間違っていないよね?
止まっていれば武力上がるから。

というか募兵持ちの高武力弓と相性いいんじゃないかな。とは思います。
麻痺矢計略とも相性良さそうな気がする。

まぁ、バージョンアップしてもやってることはいつも通りって感じですw


……仁王は?

今後も、再現にちょこちょこ挑戦してみようとは思いますw

そのまま、フェードアウトしても気にしないでくださいね。

ではでは再見





 
更新日時:2019/01/18 14:28
(作成日時:2019/01/18 14:28)
カテゴリ
日記ネタ
コメント( 18 )
18件のコメントを全て表示する
楊狐
楊狐
1月19日 11時32分

プイニュ。さんコメントありがとうございます。
仁王は使えます🐘

楊狐
楊狐
1月19日 11時34分

Chaosさんコメントありがとうございます。
今作では、知力が1低いんですよねw 征圧の関係かな。
武力上昇はありがたいですな。

楊狐
楊狐
1月19日 11時37分

NITROさんコメントありがとうございます。
計略を含めて、邪魔にならないコスト1の騎兵ということで、
意外と使われているかもですな。使い勝手は良いです🐘

コメントするにはログインが必要です
シェア