295

顧客(自分)が本当に必要だったもの

by
フノダヨーヾ('ㅂ')ノ"
フノダヨーヾ('ㅂ')ノ"
暴虐さんを使うにあたっての大きな悩みがありました。

暴虐さん「暴虐と恐怖をもってぇぇぇ」
華雄「破壊シツクセー」

パリンパリン

敗 北

自城:48.2%  敵城:60.1%

華雄「アェ?」

とまぁ城をブン殴れることは殴れるんですが、普通の英傑号令などで普通に凌がれると
ゲージ差の収支がマイナスになることが多々ありまして。
号令の範囲やらの関係から固まる事も多く、
華雄と呂姫が一直線上に並ぶ事もままあるため赤壁がいたらそれだけで終わる事もあり、
妨害計略も知力の低さからすこぶる長くなり、
牛歩の計で足を止められて攻城兵のタッチダウンを許す事も多くあり…

華雄と呂姫がね 10Cほどすットロくなるんだ 引くも押すも出来ない

なので、思い切って別のデッキに手を出す事にしました。
こちらです。



誰が戦国における気迫の采配に近いものを持っているか、そしてデメリットありながら爆発力のある計略を持っているか。
それらを探している最中に実装されたのが劉氏さんでした。
毒ダメージと引き換えに士気5で武力+6、しかも突撃術持ち。
あとは槍と弓のスペック要員を叩き込むのみ。
 
うわははは
ガハハハハ

気迫鬼ーズとそっくりな光景がそこにはありました。
昔とった杵柄ゆえか、三品上位にも上がれたりととても好調です。
しばらくはこのデッキをベースにやっていきます__( _ `ㅂ、)_

暴虐はブレイクスルーが起きるまで少し寝かせておきますかねえ…
更新日時:2018/07/10 02:13
(作成日時:2018/07/10 02:13)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア