355

再起卒業の時(計略の名前みたい)

by
ニート劉備
ニート劉備
5品に上がって1勝、4敗で、分析してみた所。
相手君主の5割位が再起以外、なるほど、ここから変わってくるのね。
9品~―6品はほぼ100パー近くが再起で考えてなかったんですが、5品に上がったら、みんな自分の特性に合わせて法具選んでますね(笑い)
正直、最近は全滅撤退はあんまりなくなってきたので、宝の持ち腐れになってました。
特に、今日のお相手が張角入りの蜀のほぼ騎馬単だったんで、考えさせられました。
趙氏
騎兵
5
3
魅力
魏延
騎兵
6
4
 
趙雲
騎兵
7
6
復活
関興
騎兵
8
5
 
張角
歩兵
2
8

















中、高武力で立ち回りながら、スキをついて攻城してくるデッキ。
滅茶苦茶強いわけではないけど、騎馬4枚の撃破はほぼ不可能。
ただ、7割以上戦場、動かれた割には城ダメージ差は2割ちょいしか離れてない。
なので、次の立ち回りは法具は連環、もしくは車輪。
王桃の柵を城門前において置き、城ダメージを少なくする。
ラインを上げながら進むと相手が散開して、左右の城壁攻城にほぼ散るんで。
ここで麋竺投げ、もしくは桃園打って相手の城に攻城。
戻って来たら連環で城ダメージ奪う戦略。
今日はここで変に戻ったんで、ここが反省材料。
機動力じゃ勝てないので、なんでも守らず、いかに相手が帰りたがる立ち回りをするかが
今後の目標。
 
趙氏
騎兵
5
3
魅力
王桃
槍兵
5
3
防柵 魅力
劉備
槍兵
8
6
魅力
徐庶
騎兵
4
9
 
麋竺
槍兵
2
7
 








 
更新日時:2018/03/10 00:48
(作成日時:2018/03/10 00:48)
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
ニート劉備
ニート劉備
3月10日 12時42分

騎馬単やほぼ騎馬単対策は、肉を切らせて骨を断つの戦法でいかないと、延々とひっかき回されるんで、厄介ですね。

悠庵
悠庵
3月10日 13時11分

再起ずらし→我慢できず再起→ずらしてた武将撃破
これをしてくる相手が増え始めたら再起以外も使うべきかと。

ニート劉備
ニート劉備
3月10日 23時59分

そうなんですよね、連環で相手動けなければ、ある意味再起みたいなもんですもんね。この辺も考え始めるとまた面白いです。

コメントするにはログインが必要です
シェア