211

そこに山があるならば...

by
七篠☆紗緒
七篠☆紗緒
甘夫人「ねぇねぇ、呂姫ちゃん」

呂姫「はい、なんでしょう?」

甘夫人「呂姫ちゃんって『おやま』が好きなの〜?」

呂姫「おやま...『山』ですか?海と比べたら好きですよ」

甘夫人「ううん、そっちの『おやま』じゃないの〜」

呂姫「?」

甘夫人「呂姫ちゃんは『女の子のお山』が好きなの〜?」

呂姫「えぇと、それはどういう...」

甘夫人「女の子の〜(たわわ)お山が〜(たゆん)好きなの〜?」(むぎゅ〜)

呂姫「っっっっ‼」

甘夫人「いい子、いい子〜♪大丈夫?おやま揉む?」

呂姫(あぁ、なんだこれ...この感触..人をダメにするやつだ...)




ダメなのは私の脳内です、ありがとうございま(ry
天心十五先生の記事を見てたら勢いで書いていた、後悔はしない




呂姫「...ところで、先程の話は誰から?」

甘夫人「ん〜、悦ちゃんから聞いたの〜」

王悦『呂姫ちゃんはそれはもう一心不乱に私のおやまを揉んでました(///)』

甘夫人「...って」

呂姫「悦ーーーッ‼」(何処ぞに走り去る)




呂姫のキャラが今後、どうなるかは皆様のご想像にお任せします
 
更新日時:2018/01/08 11:54
(作成日時:2018/01/08 11:54)
タグ
雑談
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
天心十五
天心十五
1月8日 12時30分

それは山ではなく平地です

甘姫
甘姫
1月8日 13時7分

悦は3のときに比べたら成長してますよ、
桃はなぜか小さくなっているという・・・痩せたのかな

七篠☆紗緒
七篠☆紗緒
1月9日 12時20分

呂姫「我が君主より『今回のコメントは呂姫ちゃんにお任せなのだ〜』と言われたので私が返していきます」

>レッツパリィ様
呂姫「董白のおやまを山頂布陣するには、まず2対の魔王をなんとかしなくてはならなく...て、何を言わせてるのですか?!」

>天心十五様
呂姫「そうそう董白のおやまはどちらかと言えばなだらかな平地...は、私はさっきから何を⁉」

>甘姫様
呂姫「悦はたしかに前より大きくなってたなぁ...本人にどうしたらそうなったんだ?と聞いたら」

王悦『魔王様のおかげじゃないかなー』

呂姫「とか言ってた。魔王様とは董卓殿のことか?う〜ん、よくわからん」

コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア