356

二品に上がった記念デッキ考察

by
流樹
流樹
お久しぶりの投稿です。(解任以外)

最近はスタンプキャンペーンにつられてぼちぼちやっております。
そんな中、先月中頃に初めて二品に昇格しました。
そのデッキがこちら。



なんとなく使い始めた花麗連合がしっくりきて怒涛の勢いで昇格。
二品下位で2勝5敗で降格後……

15戦2勝13敗で三品下位まで降格!

連敗中、6大徳や武神など使い慣れたデッキに変えるも無意味!
どうしようもなく初心に帰ってこちらの大徳にしてみました。



13戦12勝1敗でただいま二品!

現在二品下位での2勝を含む10連勝中です。
6大徳で全く勝てなかったのに何故ここまで勝てているのか謎です……。

とりあえず使ってて思ったことをいくつか。

・趙氏強い!
 一方的に突撃できるようになることもあって、守りでは漢の意地使った周泰なんかも捌けます。
 攻めでは大徳と重ねたマウントが楽し過ぎます。
・沙摩柯も強い!
 攻撃力上昇(兵兵)の沙摩柯が地味じゃなく効いてる気がします。
 壁にして趙氏の突撃アシストに使っても生き残ってくれるのは頼りになります。
・征圧Aある!
 開幕から攻めるため、征圧Aがとてもありがたいです。
・なんだかんだ銀屏使えるの嬉しい可愛い!
 前作もなんだかんだで銀屏はよく使っていたのでデッキに入れれるのが嬉しいです。
 やっぱり可愛いですし。(ホントは趙雲が使いたい……)

あとは立ち回りでしょうか。
先月頭ぐらいは疲れていたのか、脳筋のごとく前出し大戦!でしたが、
今は趙氏と沙摩柯は出来るだけ撤退させずに帰城させることを意識しています。
特に開幕!いつからか大徳の開幕と言えば戦場横いっぱいに均等に配置して前出し!と思い込んでいるのもあり、
それを他のデッキでもやってしまって大型連敗に繋がった一因でもあるかなと。
なので槍は前出ししつつも2枚でフォローしつつ、攻城取ったら無理せず帰るようにしています。
宝具は大攻勢(増増)。安定ですね。
出来る限り敵城前の大徳後に打つようにしています。おそらく基本中の基本ですが。

なんだかいろいろ久しぶりに書いてみましたが、大事なことは……

大型連敗後はやっぱり初心に帰ることが大事だと思います。

たぶん書いてることはどれも基本中の基本。
当たり前のことばかりじゃねぇかと言われること間違いなし!
しばらくするとまた初心を忘れるからうまくならないんでしょうねぇ。
うーん、難しい!

最後にSR2枚の解任です。

周瑜……今日引いたんですがたぶん通算4枚目ですかね……。
SR孫権未だに持ってなかったりするのに(笑)
更新日時:2017/12/06 21:28
(作成日時:2017/12/06 21:28)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア