350

雑記:仁王と共に舞う

by
王桃盗賊団
王桃盗賊団
どうも、王桃盗賊団の者です🍑



ご存知の通り(?)、私のメインデッキは旅路一対のどちらかです✌️
どちらも普段はバラ的な立ち回りができて計略時の機動力が高く、超絶騎馬(白銀馬超または快進撃孫策)が使える4枚デッキ点でよく似た構成ですね

で、こちらもご存知の方が多いかと思いますが、遊びに振り切る際は野襲の舞いを使う事が多いです💃

この馮氏、ありがたい事に自前で柵を持っています🛡
よって、適当に宗憲辺りを放り込んでおくだけで舞いの構え自体は取りやすく、他パーツは撃破能力さえ高ければ割と自由に組めます✨



で、現状私が使っている野襲の形がこちら⬇

はい、張繍を採用してみました💪
素武力で耐えて野襲を舞い、張繍を敵城門にぶん投げて剛腕と繋げるだけで、相手としてはなかなか嫌だろうなという事で…

まぁ実際戦友にてやってみたところ、それが通るのは最初の1回だけではありましたが、しかし大きなリードを取れました✨
うん、アリですねこれ






そもそもこの形に限らず、私は野襲の舞いとダメ計高武力騎馬を組み合わせる事が多いです😎

⬆まぁこんな感じですね

今まではあまり武力ダメ計を使ってこなかったのですが、張繍の場合は攻城にも繋がりうる計略なので面白いのではないかと思っています🤗
士気5で使えるのも結構ありがたいですし、しばらくは遊び用に使ってみたいですね






というわけで、野襲剛腕が楽しかったというお話でした🙇‍♀️

今回は以上‼️
作成日時:2023/08/12 00:17
コメント( 2 )
楊狐
楊狐
2023年8月13日 14時22分

使うにしても、戦う側に立っても舞姫は自力で柵を持っている方がフェアな気がします。

王桃盗賊団
王桃盗賊団
王桃盗賊団
2023年8月13日 18時32分

>楊狐さん
柵なしコスト比低武力舞い姫は使いづらいですね😇

楊狐
コメントするにはログインが必要です
シェア