205

現バージョンの全国デッキ

by
紫苑
紫苑
全国対戦をする際、現バージョンは2つのデッキを使っております。


■ 司馬師【熾烈なる革命】





大戦後期から地味に上方修正を続け、フィニッシャー計略としては十分な性能となった司馬師。

あとは覚醒ゲージをどう上げるか。

この問いに、ver3.72Dにエラッタ変更(連弩兵から弓兵)となった張春華の計略【貪狼の遊猟】が登場しました!

この計略は、単純に武力+6の9.6C。
ハイ、覚醒ゲージ計略として考えてなくても普通に使えます。

おまけに覚醒ゲージが撃破しなくても40%上昇するので、法具の士気玉を使わなければ


1回目の司馬師を使う時には覚醒2になっている


これが覚醒ゲージのことを対戦中に考えてなくても済むのが良いです。

あとは、同時期にエラッタされて(将器を含めた)スペック要員としては申し分ない陳泰の存在も大きいですね。



■ 寿司文鴦





こちらは異彩5以上時に使うデッキです。

カウンターが好きな自分にとって、弓賈南風と同様に使い続けたいカード。
6枚型のワラが主流の中、弓2槍2馬1のバランス型を採用しております。

こちらも、司馬韋を使って法具の士気玉を使わなければ


1回目の寿司を使う時には覚醒2になっています


全盛期からは、かなりの弱体化をされて覚醒2では士気9を払う価値は無いですけど、範囲全体と復活計略の特性を活かせたらまだまだ戦えます。

参考動画としてこちらをどうぞ







明日はいよいよ歴史投稿を再開します。
では!

 
更新日時:2023/01/04 10:42
(作成日時:2023/01/02 23:08)
コメント( 2 )
みいけん
文豪
文豪
みいけん
1月4日 3時24分

熾烈なる革命デッキは、覚醒前から総武力25あるのが恐ろしい、更には知力も高い。
これで、覚醒して行くとなると普通に強いですねー!

紫苑
紫苑
1月4日 9時53分

>みいけんさん
初期征圧がCで内乱が取られやすいですけど、元々攻城力が有る方なので巻き返せるのが良いですね。

みいけん
コメントするにはログインが必要です
シェア