193

私の宿星称号論(な)。

by
都々逸坊扇歌
都々逸坊扇歌
三国志大戦は、1フレーム単位で攻守の判断を求められる格闘ゲームなのです(`・ω・´)シャキーン

この老害は何を宣っておるのかとお思いの貴方、正常です。
三国志大戦というゲームにおいて1F単位の判断や操作は求められておりません。
まあ、状況把握・判断の早さは重要であると断言致しますが。



先月某日、我が盟友気紛れメスト君主からゲーセンにて質問を受けました。

先に紹介しますと、気紛れメスト君主とは、

【甘皇后(LE)への変質的な愛故にデッキ内に甘ちゃんが居ない事が許せない】為、
【デッキ内で1コスト固定、残り7コストの中でその時々に興味が湧いたカードを軸にデッキを楽しむ】からの、
【良い試合を撮れる様に頑張って動画を作成、動画の作成にも全身全霊で取り組む】

をサイクルにして、大戦ライフを心底満喫している君主です。褒めています。
……私は穢れているんだ(´;ω;`)ウッ…


それでメスト君主からの質問の内容なんですが……動画を見て頂いた方が早いです。



文章にすると、


『ハレグゥ孟獲の武力上昇が重なる仕様は実戦導入可能なのか?』

結論。無理(´;ω;`)ウゥゥ

というお話でした。


実はこの漫才にはこぼれ話がありまして……。

質問を受けた時はメスト君主がCPU戦を流しプレイしながら話をしていたのですが、

「これ、銀子の目覚め狙えませんかね?」
「見た目2・3フレっぽいし出来なくはないやろうけど……まあ無理ちゃう?」
「1フレかもしれないッスよ。まあ、ちょっとポチってみません?」

……無欲の3回目で成功(笑)

「じゃあ動画化するんで明日チャレンジ( ^ω^)よろしくだお」

小生は帰宅後に桃園内のNITRO検証神様の過去記事を検索。1フレ確定。反撃不可。
「独歩やん!」って自宅で頭を抱える。

翌日から動画でのやり取りが行われる。

疲れましたけど楽しかったです。ならば良し。



続いて自分語りを少々。
まずは此方をご覧下さい。
 








(2022年8月7日現在継続中)

( ^ω^ )どうしてこうなった!
天下統一大会である程度遊んだだけなのに!



自称【司馬炎ビフォーアフターデッキ】。
統一大会用のお気に入りデッキです。槍司馬昭が居れば最高なんだけど司馬師が入るんで許容範囲かな。

今回初めて気が付いたんですが、『ゆ・る・す』の原型は司馬師伯父さん譲りだったんですね。
若かりし少年期の騎馬、皇帝の自覚と自信を持ち始めた弓、怠惰なあまり淫奔の悪魔に憑かれてしまった象。
何故象兵という兵種になってしまったのか……多分下ネタですよね。
うん。深淵を覗いてしまってはいけない。



次の天下統一大会のネタ、お盆休み期間に考えよう!
十中八九、漢張飛&董卓になるとは思いますが。
作成日時:2022/08/09 12:00
コメント( 1 )
556(クボーシャ)
556(クボーシャ)
8月9日 22時48分

とんでもない回数の試行(^-^;)お疲れ様です
同じ1フレでも、バーチャの独歩頂膝ならまだGボタンを
かするように同時押しだから出来ますが…
大戦のあのボタンでしかもタイミングで押すのは1回でも
成功したのが凄いっすわ((゚□゚;))
統一大会の試合も攻城兵が城門来ても落ち着いてスルーして
から司馬炎で決着、お見事でした♪

コメントするにはログインが必要です
シェア