894

VerUPに伴う4月マッチ分析(埋め込み/14陣~太尉)と最近のSNS界隈について思うこと

by
やまとら商店
やまとら商店

先日もつぶやきましたが自分としては
今回のVerUPは特段何かに忖度されたものではなさそうとの意見

誰の目にも明らかな壊れの韓遂
自分的にはちょっと太いなの独歩
とは違い、何曾自体は2月の3.5VerUPから変わらぬ性能
香港勢によって強さが開拓されたあまり見ない事象

いつかの配信でネタセリフで何曾が使用されてからずいぶんとタイムラグ
まぁまさかではありますが

これまでの壊れ武将修正歴から見れば怒りたい人もいるでしょう
ただその時々でゲーム内環境もリアル環境も違ってて
企業としては、その時最適な選択をされているんだと推察します

カードデザインも企画ありきなので
何の考えも意図もなしにできあがる武将なんてないです
それこそ絵師さんに描いてもらって声優さんに声を入れてもらって
3Dモデリングして、モーション設定して、計略演出作って
性能とフレーバーを決めたカードデザインで実装してテストしてリリースして

特にテスト目線で言うと、ゲーム本体、ターミナル、.NET、桃園コミュニティと
連動コンテンツが膨大かつネットワークゲームなので通信関連、
膨大なパターンをリリースごとに行わねばらならないのは想像絶する工数だと見えます

それにバグをゼロにすることはできない上に
表面上のバグを駆逐したとしてそれが面白さとイコールにはならない
アップデートで調整できるとはいえ、
現在の1130枚(コンパチ抜きで1059枚)のバランス調整はカバーし切るのが難しい

よくユーザーデバッグと揶揄されますが、もはやある程度は仕方がない
しかしユーザー丸投げでテストしないのとは同義じゃあないです

正常動作は当然テストするでしょうし、100%同じ手順で起こるクリティカルバグは修正必達
複雑な手順で発生する低確率のバグは、
原因が明確でないことが多く一定の試行回数未発生で承認もあるでしょう
100%でないもの、進行に影響がないバグの残り具合は責任者の判断にもよります

テストなしではバージョンアップ後の起動すら失敗する恐れがあります
私は内部の人間ではないですが、経験上ほぼ間違いないです
100%失敗するとは言いませんが、
通常私たちの手に届くオンラインゲームの初回テストではよくあることです

そんなテスト状況ではリリースが承認されるはずもなく、
そうであったら現在プレイすらできてないメンテナンス継続中でしょう

セガ擁護ですか、ととらえられもするでしょうが
恐らく、恐らくですが上記の事情をユーザーが知ることはないです
(ユーザーには企業の思惑・コスト・日程など内情は関係ないので)

ですが、定期的なバージョンアップも片手間でできるほど簡単ではない
テスト放棄してリリースはできない
という情報だけでも頭の片隅に入れてもらえれば幸いです

SNSなどで心無いような意見が散見されるので
それを見るたびに内心憤慨したり悲しんだりします

できれば修正の必要などなくリリースから稼働終了まで神バランスでできれば最高でしょうが
そんなことはできないので(そんなゲームがあるようならもう自分の理解を超えた次元の調整)
ただひたすらVerUPを行いながら調整していくしかない

長文失礼しました
三国志大戦ファンの一つの意見です
更新日時:2021/04/29 14:56
(作成日時:2021/04/29 14:42)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア