1549

Ver.3.5.1 B 第1週の対戦環境

by
板尾の嫁
板尾の嫁
■§■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■§■

昇格条件は緩和されたようですが、
フリマ帯は変わらなかったですね。


ランキングを見ても司空以上1000人は余裕でいるので、
上げるなら良いタイミングだと思っていたのですが…

まぁ変わってしまうと今の位置では
上位と当たることも多くなるのでこのままでいいか(←




■Ver.3.5.1 B 第1週の対戦環境■
エラッタ含むパラメータ調整があった新Ver.。

まず初週に猛威を振るったのは、
通算3度目のエラッタで計略が変更されたR韓遂

新計略《叛騎の狼煙》は士気4で人馬効果付与。
速度1.4倍までついて武力が据え置き+9と超強力。

超絶騎馬としてみると速度上昇値はマイルドですが、
安全に武力16を押し付けに行くことができるので、
号令デッキに高いラインで絡み計略を強要したり、
攻守に渡り雑に使える手軽さが魅力です。

群雄は特技[復活]持ちの1.0コスト武将が多く、
脳筋壁要員に全振りしたりサポートを厚くする、
また2色以上も視野に入れ異彩Pの調整も容易なのも
デッキを組みやすいポイントだと思います。


一方、前Ver.で猛威を振るっていた
999デッキのような4枚高武力デッキは、
各々のパーツ下方で下火になっていくと思いきや…

「バキ」コラボ発表で注目されていたEX夏侯惇
スタンプ1枚目でゲットできることもあって、
4枚SR袁紹《栄光の大号令》デッキを筆頭に、
素の高武力によるパワープレイが続けられています。

《廻し受け》は積極的に狙えるものではありませんが、
武力8でラインを上げる際のプレッシャーは十分。
開幕以降~中盤の間で計略を撃ち辛い欠点はありますが、
ワンチャンスで落城まで持って行けるだけの力があります。


他、デッキでは珍しいところでR郭図の7枚デッキとか、
SR司馬昭《天光之階》が上方修正されたことで、
新旧共に見るようになったことが印象的です。


また、今Ver.の対戦環境に大きな影響を与えたのが
遊軍戦技の発動タイミングの調整。
城100%時なら残り18cで発動していたのが残り25cに。
10%ダメージで4cしか早まらなくなったので、
残り65cより早く発動することがなくなったよう。

これにより、発動タイミングのブレが少なくなって、
戦技効果が対戦終盤に載ることを前提に
構築・立ち回りを考えることができます。

残り25cといえば、ザックリ計算で士気18溜まる頃。
漢鳴系デッキなら漢鳴3のバーストを打てるので、
安定してより強力な計略にしやすくなったと思います。



来週にはスタンプ4枚目を終わらせて
EX呂布をゲットする人も増えてくる頃合。
事前情報からデッキや対策を考える人も多い中、
R韓遂EX夏侯惇が強い環境に対し、
一石投じることになるのかが気になります。


■§■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■§■
作成日時:2021/04/18 10:57
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア