264

関羽縛り 前Ver試合 大徳vs乱世の魁

by
雷命
雷命
今回の天下統一大会は関羽縛りでプレイしています。
今のところ、武神、極意、忠義を使用しました。
後は咆哮と鬼神と冷艶鋸ですかね・・・

直近、全国戦ですが、なぜか、3戦連続攻城兵が入ったデッキとマチ・・・
緊張感が半端ない試合を強いられました・・・
ですが、何とか勝利して現在はオアシス中間砦に到着しました。
もしかして、十三陣は中間砦は1か所しかないのですかね・・・

今回の投稿動画は大徳ですが、デッキの説明をします。
使用した構成はこれ↓

一見すると大徳+目覚めで攻めるというわかりやすい構成に見えますが、
実は今回のデッキコンセプトは夏侯覇+李恢がキーマンで、

2コスト・武力8・城門特攻将器・車輪計略持ち+侵攻の助け

で城殴りするデッキです。
そのコンセプトをカムフラージュする為に大徳と目覚めを入れました。
趙氏は魅力+征圧要員です。
恐らく自分以外の全国の大戦プレイヤーの方は
城門特攻の馮習、もしくは、城門特攻の麒麟児姜維でいいやん
と言うでしょう。
しかし、上記の2人では今回掲げたコンセプトの内容に該当しなく、
唯一該当する夏侯覇を採用しました。
そもそも馮習は弓兵で当然車輪計略はなく、
麒麟児姜維はコスト2.5で存在自体のせいで狙いがわかり易く、
対策もされやすいという点があります。
これらのことから、夏侯覇なら警戒は薄いはずという目論見もあります。
ですが、肝心の2コスト城門特攻将器+侵攻の助けによる
攻城ダメージがどのくらいになるのか未知数でした。
全国戦でのぶっつけ本番で使用した試合が今回の投稿動画になります。

対戦デッキは4枚乱世の魁です。
対戦のお相手様は以前投稿した翻意の革命の試合でも対戦頂いた方です。
素武力差が大きく、以前の翻意の革命の晋デッキと違って、
覚醒による能力上昇がない素の状態で戦うことになるので、
終始劣勢状態になります。


中盤の防衛が一番きつかったです・・・
侵攻の助けの城に戻れなくなるという効果を忘れていた為、
非情にもったいない動きもありました(汗
ですが、終盤の攻防で今回掲げたコンセプトが上手く行って大逆転勝利できました。

次回の投稿動画も今回と同じデッキで999との試合になります。
更新日時:2021/04/10 08:08
(作成日時:2021/04/09 21:54)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア