597

劉備と最終回

by
楊狐
楊狐
たまには大戦に関係がありそうな話とない話でも。




今朝、諸葛均目的でルーレット回したら劉備がきてくれました。









山頂への旅路使い始めてちょっとだけ劉備が気になっています。

今更ながら出陣シーンも落城シーンも良いですなぁ


これまでの顔にもかかわらず、大戦1からシリーズ通して劉備に触れることは
数える程度しかありませんでした。

どちらかというと対面に出てくる劉備のデッキにいかに勝つかを考えていました

何でだろうと思ったら、もともと呂布ワラから大戦を始めてしまったので、号令
ってどうなのっていう。

当時、大戦1の頃は自分も含めてチームメンバーは4人。
4人全員が勢力違うという

自分が呂布ワラ
友人Aは騎馬単(張遼大好き)
友人Bは大徳
友人Cは呉4枚、甘寧入り(当時は2コス攻城兵)開幕乙

と使うデッキの方向性も全員が違うという。

友人が大徳を使っていたというのと戦いは数だよという考え方がありました。

あの頃は自分も若くて人とかぶらない方が良いのかなと思っていましたな。

現在はいろいろと事情があってチームに在籍はしていますが、なかなか集まるこ
とが少なくなりました。


現在使っている山頂への旅路デッキ
もともとは隆盛さんにいただいた赤揃え張飛を活かしたいということから始ま
り使ったことのない山頂布陣と組み合わせて、さて2コスは誰が良いかなと考え
た候補のひとりが劉備でした。
結果。2コスに劉備(号令)を入れることによってデッキバランスがとれている
感じです。

こういう機会でもなければ自分が劉備に触れることもなかったかなと。しばらく
劉備を使ってみようと思います。







パリピ孔明2巻発売!!


続いて関係のない話をw

さて、パリピ孔明の影に隠れているライトノベル。

そのタイトルは
「フォーチュンクエスト」

揚狐さんもこういうの読むんですかと言われそうですが、

はい、読んでいますよ。


平成元年から(?!)


若い方は知らないと思いますが、

実に約30年……

タイトルを三回変えて刊行し続けてやっと最終巻を迎えました。

当時はライトノベルなんて単語もなかったころですから。よくぞ続いたと思いま
す。新刊が発売されるたびに、まだ続いていたんですかっていう声をよく耳にし
ましたw

長寿作品という奴ですな。

自分が読み始めたのが中学生の頃。なのでそのころから考えると途方もないです

しかし、平成に始まって令和に終わるというのも感慨深いですな


この作品に限らず、子供のころから続いているという作品がジャンル問わず結構
あると思います。
中には途中で打ち切りとか、作者が先にお亡くなりになってしまったとかいろい
ろありますが、無事に最終巻を手に入れたことは作者にとっても読者にとっても
幸いだと思います。

皆さんも過去から現在進行形で追いかけている作品があれば、無事に最終回を向
かえて欲しいですな。

ではでは今回はこんなところで

再見

 
作成日時:2020/07/13 14:38
コメント( 14 )
14件のコメントを全て表示する
楊狐
楊狐
7月14日 13時4分

ASHさんコメントありがとうございます。
ハイスクールオブザデッド。
コレも含めて原作者の完結作品が少なかったのですが、これで完全に未完となりましたな。
残念です🐘
パリピ孔明。ちゃんと孔明しているところが良いですな。

NITRO
文豪
文豪
NITRO
7月15日 1時11分

フォーチュンクエスト終わったんですね、Ⅱの8巻くらいまで買ってましたが次巻が発売されてるのかよくわからなくて放置してました。
買わなきゃ…

楊狐
楊狐
楊狐
7月15日 9時58分

NITROさんコメントありがとうございます。
おお!フォーチュンクエスト読んでおられたのですな!
Ⅱの8巻。11巻が最終巻なので残りは三冊ですな。
ゆっくりと読んでみてください。

コメントするにはログインが必要です
シェア