334

記事100回目という事で、デッキ考察のお話。

by
亥崎雨龍(読み:イザキウリュウ)
亥崎雨龍(読み:イザキウリュウ)
どうも、やっとこ各陣営の遊軍が一枚ずつになった亥崎雨龍です。
軍師さんも悪くはないんですが、やっぱり特色のある遊軍は揃えていきたいですよね!


今回は記事投稿100回目となります。
なので、今後やってみたいデッキを考察していきます。
だからなんやねんという君主殿達はブラウザバック推奨です^^;


今回のデッキ達は草案のようなもので、まだまだ荒い作りになってます。
将器欄は組み合わせ考えていた時の名残なので、あまり気にしないでください😅
なので、アドバイスなどいただけると、今後のデッキを考える上で参考になります😄


まずはこちら


〇悪来典韋デッキから流用した、バキンと割れる淳于瓊デッキ。



序盤は麴義と淳于瓊(赤)で城削って見たりしつつ、中終盤ごろに胡班ちゃんのの重ね掛けと淳于瓊(青)でバキンと割れる音を聞いて気持ちよくなるデッキです(ぇ
兵力不足と同盟枠に伊籍、士気ブーストでおなじみ馬謖を用意。
馬謖を高覧などに変えて士気バックで戦うのも考えたのですが、高幹だと2馬で忙しそうだしなぁ……とまあ、よくて高覧かなといった感じ。
一番槍張邈?そんなカードもありましたね(ヤメロ

ちなみに、元になった悪来典韋デッキはこちら。




典韋と張菖蒲を淳于瓊と麴義に変えただけなんですねw


〇袁家の乱デッキ




ワラデッキをやってみようと思ったらこうなったという、難しいデッキです(ぇ
大爆進袁紹を持ってないので、栄光さんの袁紹を起用。
袁家の息子二人を入れつつ、張り付いて二人で乱+辛評で乱をおこして行くスタイル。やあ、やあ、乱世!乱世!(何
かなーり頭使いそうだからもうちょっと詰めないとダメですな。


〇蛮族合従軍デッキ



南蛮・孟獲烏丸・蹋頓南匈奴・於夫羅鮮卑・軻比能という蛮族オールスターなデッキ。
ただ問題は、号令がないことによりここで何とかしなくてはいけないというデッキだったりしますw
個々のスペックが高いうえに、最大使用士気が5で収まるので臨機応変な戦い方は出来る……かも?
ネタデッキの枠は出てないかもしれませんね。


いかがだったでしょうか?
ほかにも考えたデッキはありますが、今のところこんな感じかなと。
アドバイス等々ありましたらよろしくお願いします!

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

 
作成日時:2020/06/29 22:45
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア