275

ネオロマ王子とお色気軍師の戦記録。その3

by
始末屋
始末屋
初めてLE孫策とマッチした試合です。
  
いける!いける!!ってなってたのにまさかの判定負け...
再起もあったからあのまま押し切ればよかったのかな....悔しくてたまらなかったです。


あとは昇格(六品中位)戦をペタリ。
再起でもよかったかなぁ...と思っていたのですが、かえって大軍勢にしておいてよかったようです。

  
落ちないように頑張ろうと思っていたのですが、着実に上がってくれたので一安心。中位になれたので一枚盾ができたぞ!←
更新日時:2018/02/07 21:28
(作成日時:2018/02/07 21:28)
コメント( 3 )
アーダン様が見てるおーえっちゃんも見てる
アーダン様が見てるおーえっちゃんも見てる
2月7日 23時5分

アドバイスですね!
なるべく細かくいきましょう、
御察しの通り雄飛孫策戦の5:10のところで、帰るのでなく、そのまま曹操以外を貼り付けて求心→全滅→再起で完璧でした。
この立ち回りのすり合わせは慣れの問題が大きいので、色々と思考錯誤していきましょう。
更に細かいところを説明しますと、魏武の効果時間は約40cなので、どのタイミングで打って攻めていくかで立ち回りは変わります。
今回のケースですと、再起なのと、残り60c時点で打ちましたので、残り20cで全滅→再起という流れで時間を使えば勝てるという風に考えるといいです。
あとはカードの配置を察するに、手元では乱戦させている予定であろう武将が乱戦外れていたりするので、これも合わせて慣れていきましょう。
あとは、瞬発力のある場面では魏武なしで求心のみを掛けるのもケースバイケースで必要となります。

ーーー
二試合目は、褒めるところが多いです。笑
最初の曹操が迎撃を取られたあと、郭嘉でしっかり槍を向けて曹操の帰城のフォローをしていたところ、
横弓の意識、
天啓がしっかり捌けたところ、
5:45の相手の甘寧の計略見てからの求心、
士気をしっかり貯めて最終盤に畳み掛ける魏武らしい立ち回り、
法具選択。
おおむね理解できてきていると思われます。この短期間で素晴らしい。

あとは、ビタ止め、横弓のサーチと位置取り、本当に打つべき十の因果かどうかの見極め、相手の槍消し、などなどハンドスキル関連や、とっさの判断力を磨いていけばすぐにもっと上に上がれますよ^ ^
その辺りはリアルタイムで解説を受けないとなかなかわからないと思われますので、フォロワーの方に実戦などで説明していただきながら手元を解説して貰ってスキルを体得いたしましょう。

へたれ一直線
へたれ一直線
2月7日 23時43分

コメント失礼します。
今回の対戦も良かったかなと。
アドバイスについてはアーダン様が見てるさんがされてるますので言う事はないのですが、一つ気になった所が。最初の対戦でカクカが孤立してる時間が多かったかなと。
これだと、高武力の乱戦や弓に囲まれるとあっという間に溶けるので注意すると良いかと思います。
後のびた止め等はとても良かったと思います(私は出来ません)。

始末屋
始末屋
2月8日 11時55分

アーダン様....ですよねぇ...
実は押し込むか立て直すか迷ってまして、ついいつもの癖で退却させて立て直す選択をしてしまって負けの判定が出た時に「やっぱ押し込めばよかったぁぁあああ!!!」って嘆いたぐらいなんですよ....ww いやもう本当悔しい!
昇格戦の方は正直法具の選択間違えたと思っておりましたw
天啓がきて即座に退却はもう分かっているのですが、やはり城ダメージは出来るだけ受けないに限ると思い、どうにか出来るだけダメージを抑える事は出来ないかと思って試行錯誤してまして、それでヘマして全滅になりかけるので再起にいつもしてたのです。
今回は前線が敵城付近での天啓発動だったのでそこまで被害は出なかったのですが、前線が真ん中又は自城付近ならこの動画を投稿することは無かったですねw
ーーーーーーーーーーー
へたれ一直線様、今回もコメントありがとうございます!
自分でも動画を見てて危なっかしいな...って思うことは多々あるので本当に気を付けなければですよね...

コメントするにはログインが必要です
シェア